中国国家主席、北朝鮮巡る対話再開でフランスに支援求める

写真拡大

[北京 8日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は8日、フランスのマクロン大統領と電話会談を行い、北朝鮮との対話再開に向けてフランスが「建設的な役割」を果たすことを望むと述べた。中国国営の中国中央テレビ(CCTV)が報じた。

習主席はマクロン大統領に対し、「朝鮮半島の核問題は最終的には対話を含む平和的な手段によってのみ解決できる」と述べた。

マクロン大統領は、フランスが朝鮮半島の平和と安定の維持に取り組んでいるとし、問題解決に向けた中国の役割を評価していると述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)