画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アウトモビリ・ランボルギーニは6日、ドイツ・フランクフルトで9月12日から開催されるフランクフルト国際モーターショーにて、「アヴェンタドール S ロードスター」を公開すると発表した。ミッド・リアエンジンV12を搭載した唯一のロードスターバーションのスーパースポーツカーで、クラス最高の性能を誇り、カラーやトリムを多数そろえ、新素材とカーボンファイバーを豊富に使用している。

エクステリアデザインは、ランボルギーニのデザインDNAと大規模な空力テストの結果が組み合わされており、「アヴェンタドール S」ならではのデザインとロードスターのユニークな特徴を反映した。車体後部はクーペとはまったく異なるラインを持ち、ロードスターならではのエアロダイナミクスを発揮する。着脱可能な流線型のハードトップパネルの重さは6kg弱で、広い車内空間を確保するため外側に膨らんだ形状とし、マットブラック仕上げのカーボンファイバーを使用。簡易なファスニングシステムを採用したことにより、ルーフパネルをすばやく外してフロントトランクに収納することも可能だ。

インテリアは5つの構成が用意されており、単色やバイカラーのレザーまたはアルカンターラ、さまざまなステッチ、トリムを選択することができる。また、インテリアとエクステリアのカスタマイズが行えるアド・ペルソナム・プログラムとして、「ブランディング」や「カーボンファイバー」などのパッケージも用意されている。

走行に関する機能では、四輪駆動と新アクティブ・サスペンション、新四輪ステアリングシステム、EGOドライビングモードを採用。さらにサスペンションと電子制御システムを全面的に再開発しており、トータルな制御コンセプトによって優れたドライビングや乗り心地、性能を実現している。

「ストラーダ」「スポーツ」「コルサ」さらに新「エゴ(EGO)」モードからなる4段階の走行モードを備え、トラクション・ステアリング・サスペンションなどを調整して、車の走りのあらゆる面で違いを楽しむことができる。エゴモードなら、自分の運転スタイルに合わせ、各モードで自分好みの基準を設定することが可能。0-100km/h加速は3.0秒、トップスピードは「アヴェンタドール S クーペ」と同じ350km/hを発揮する。6.5リッターV12エンジンの最大出力はクーペと同じ740hpで、最大トルクは690Nm。7速軽量ISRトランスミッションによってギアシフトのロボット化が実現し、50ミリ秒以内のギアシフトが可能となった。

「アヴェンタドール S ロードスター」は、2018年2月から納車開始を予定している。