故障者/新潟=田中、R・フランク、森 広島=林、佐々木、宮吉
出場停止/新潟=なし 広島=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ第25節
アルビレックス新潟 - サンフレッチェ広島
9月9日(土)/19:00/デンカビッグスワンスタジアム
 
アルビレックス新潟
今季成績(24節終了時):18位 勝点10 2勝4分18敗 15得点・48失点
 
【最新チーム事情】
●前節・柏戦は先制し、相手に1人退場者が出ながら勝ち切れず、1-1と引き分けた。
●中断期間中の練習でT・ガリャルドが相手を蹴り、以降、全体練習から外れている。
●T・ガリャルドに代わりトップ下で初先発、新潟デビューが予想される小川は、攻守に献身的で、チームメートの信頼も厚い。
 
【担当記者の視点】
 前節・柏戦はT・ガリャルドのゴールで先制し、さらに前半の内に相手が退場者を出して数的優位に立ったが、セットプレーから失点して引き分けた。連敗を4で止めたが、残留に向け、勝ち切りたい試合だった。
 
 柏戦でゴールを決めたT・ガリャルドは、リーグ中断期間のトレーニング中に相手を蹴り、以降、全体練習から外れている。代わりにトップ下に入ることが予想される小川がテンポ良く配球し、ポジショニングの良さもあって、攻撃のバリエーションが増えつつある。
 
 特筆すべきは守備意識。前からプレッシャーを掛けてパスコースを限定するだけでなく、プレスバックも忘れず、チームを機能させる。攻守に惜しみなく走るプレーで、チームメートの信頼を早くも集める。
J1リーグ第25節
アルビレックス新潟 - サンフレッチェ広島
9月9日(土)/19:00/デンカビッグスワンスタジアム
 
サンフレッチェ広島
今季成績(24節終了時):17位 勝点19 4勝7分13敗 23得点・38失点
 
【最新チーム事情】
●ミキッチが戦列に復帰。
●トレーニングを通じて稲垣、皆川、茶島らの評価が上昇。
●5試合で勝点8を獲得。今季初の3試合負けなしを目指す。
●布陣も様々なパターンを試し、バリエーションを増やしている。
 
【担当記者の視点】
 J・ヨンソン監督就任以降のリーグ戦6試合で獲得した勝点は「8」。改善点こそ多々あるが、それでも勝点を積み重ねられているのは指揮官の手腕だと言っていい。
 
 監督交代してから取り組んだ4バックの守備も少しずつ整備が進み、直近3試合で2失点。前節の大宮戦では多くのピンチを迎えたものの、GK中林を中心に粘り強さを表現できた。
 
 ただ、攻撃面は直近3試合で2得点と物足りない。特にセットプレーが課題か。数多くのチャンスを作っているにも関わらず、新体制以降は1点も奪えていない。先発に180センチ超の選手が6人も並ぶだけに、リスタートからゴールできれば試合展開は楽になる。