2017年F1第13戦イタリアGPがアウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ(5.793km、周回数53周)で開催されました。

決勝日前日は大雨。途中約2時間30分もの間赤旗中断になり、荒れた予選となりました。

そんな状況で見事ポールポジションを獲得したのは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)! 通算69回目、F1史上最多記録を更新しました。

予選2番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)はパワーユニット交換により20グリッド降格、3番手のダニエル・リカルド(レッドブル)はパワーユニットとギヤボックス交換のため25グリッド降格となりました。

これにより2番手スタートは2017年アゼルバイジャンGPで3位表彰台を獲得したランス・ストロール(ウィリアムズ)、3番手はエステバン・オコン(フォースインディア)となり、ルーキードライバー2人のスタートにも注目が集まります。

決勝は予選と打って変って、雲一つない晴天!

ハミルトンは安定したスタートでトップをキープしました。3番手のオコンはターン1でストロールをパスし、2番手に浮上。4番手スタートのバルテリ・ボッタス(メルセデス)は3周目にストロールを、そして4周目にオコンをパスし2番手にポジションアップ。メルセデスの速さを見せつけました。

イタリアはフェラーリのホームグランプリ。今年もサーキットにはティフォシ(熱狂的なフェラーリファン)がたくさん訪れ、スタンドが真っ赤に染まりました。予選で思うような結果を出せなかったフェラーリ勢も負けてはいられません。

6番手スタートのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は周回毎に順位を上げていき、8周目には3番手に浮上。メルセデス勢を追い掛けます。

順調にレースが進むなか、上位勢でいち早くタイヤ交換をしたのはキミ・ライコネン(フェラーリ)。15周目にスーパーソフトからソフトに履き替えました。その後、オコンとストロールもピットインをしソフトタイヤに交換。

しかしストロールは、リアタイヤの交換に時間がかかり、後ろを走っていたライコネンに抜かれてしまいます。時間がかかるといっても、4.4秒。充分速いように感じますが、F1のピット作業は平均2秒台なのでこの失敗は大きな痛手となりました。

31周目にベッテルがタイヤ交換のためピットインすると、ハミルトンとボッタスもそれに反応してピットイン。1番手ハミルトン、2番手ボッタス、3番手ベッテルと順位は変わりません。

今回誰よりもポジションアップしたのが、16番手スタートのリカルドでした。上位勢がスーパーソフトタイヤを装着する中、ソフトタイヤでスタート。レース序盤から前を走るマシンをどんどん抜いていき、37周目にピットイン。5番手でレースに戻りました。

スーパーソフトに履き替えたリカルドは、ソフトを履くライコネンを41周目にパス。4番手にポジションを上げます。チームからは「前にはベッテルがいる、いけるぞ!」と気合いの無線が飛びます。

ベッテルを1周1秒速いペースで追いかけていきましたが、残念ながら届かず……。しかし、素晴らしい走りと戦略で見ているファンを楽しませてくれたリカルドは、私的イタリアGPベストドライバーです!

終始完璧な走りをみせたハミルトンが見事ポール・トゥ・ウイン! 2番手ボッタス、3番手ベッテルとなりました。

そしてついにハミルトンは、ベッテルを抜きドライバーズ・チャンピオンシップのトップに躍り出ました。しかし、ポイント差は3ポイント。どのような展開になっていくのか、まだ分かりません。これからのチャンピオンシップ争いがますます楽しみになってきましたね!

イタリアGPの表彰式は他のグランプリと一味違います。通常、ポディウムはピットレーン側のファンからは遠い場所にあるのですが、アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァのポディウムはコース上まで伸びており、すぐ下まで行くことができるんです。

レースが終わると、コース上はあっという間にティフォシ達でいっぱいに。巨大フェラーリフラッグを広げたり、イタリア国旗色の紙吹雪が舞ったりと、イタリアGPならではの光景が広がります。

そして今年もありました! ポディウムまでびょんと伸びるサインペン付きフラッグや、「ここにキャプを入れて!」とメッセージが書かれたミニバスケットゴールが!! 毎年様々なアイテムを駆使してサインをゲットしようとするファンの姿を見るのが、イタリアGPの楽しみでもあります。

おかげでインタビュー中、フラッグがかぶりドライバーの顔が見えないこともしばしばありましたが……(笑)。それはご愛嬌ってことで。

 

そんな中、ベッテルがイタリア語で「最高のファンだよ。ありがとう!」とメッセージを送ると、ティフォシ達は大盛り上がり! ベッテルもフラッグにサインをしたり、カメラマンの持っていたカメラを担いでファンを撮影したりととっても楽しそうでした。

ティフォシから熱いパワーを貰ったベッテル。きっとこのままでは終わらないでしょう。今後のレースにも期待したいです!

イタリアGPリザルトは以下の通りです(ポイント圏内のみ)。

順位/No./ドライバー/チーム
1/#44/ルイス・ハミルトン/メルセデス
2/#77/バルテリ・ボッタス/メルセデス
3/#5/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4/#3/ダニエル・リカルド/レッドブル
5/#7/キミ・ライコネン/フェラーリ
6/#31/エステバン・オコン/フォースインディア
7/#18/ランス・ストロール/ウィリアムズ
8/#19/フェリペ・マッサ/ウィリアムズ
9/#11/セルジオ・ペレス/フォースインディア
10/#33/マックス・フェルスタッペン/レッドブル

(yuri)

ハミルトン優勝でドライバーズチャンピオンシップトップに!ポディウムでサインを貰う為のユニークグッズとは?【2017年F1第13戦イタリアGP】(http://clicccar.com/2017/09/08/507175/)