あ、この人ちょっといいかも……!と期待に胸を膨らませていたのに、LINEが残念すぎた経験、あなたにもありませんか? 「素敵な人なのに、何で彼女いないんだろう?」という疑問が、LINEですっきり分かってしまうことも。そんな残念なLINEを、実際に体験した女性たちのエピソードとともにご紹介します。

1:一言にナルシスト感…

友達一覧には、名前の横に一言添える機能がありますよね。大抵の人は、何も書かなかったり、顔文字や絵文字だったり。「よろしく」などの無難な挨拶を書く人もいるようです。

Aさん(27歳/女性)が出会った男性は、顔がかっこよく、話も面白くて優しい。「こんな人がフリーなんて、出会えてラッキー!」なんて思っていたんだとか。

自分で言う?

でも、家に帰ってその男性のLINEを見ていたら……一言の欄に「●●(イケメン芸能人)に似てます」と書いてあったそうです。しかも全然似てないんですって。それを見て、なんだか一気に熱が冷めちゃったそう。

自分でそんなこと書いちゃうなんて、結構なナルシストさんなのかもしれませんね。

2:小説なの?

Bさん(24歳/女性)は、友人の男性のLINEのホーム投稿に目を奪われたそう。内容は、謎の友人との会話を、セリフ形式で小説のように投稿していたというもの。内輪ネタすぎて、他の人が読んでも意味がわかりません。

謎すぎる

長年、その友人に彼女がいないのは、こんな謎めいた部分が原因なのかも……と感じてしまったそう。ホーム投稿は、Twitterなどとは使い方が違うと教えてあげたい。

3:返事をしなくても

Cさんが出会った男性は、LINEの返事をしていないのに、何度も連続でLINEを送ってくるんですって。Cさんは、後で返事しようと思っていただけなのに、何度もLINEがくるので責められているようなイヤな気分になってしまいました。

もはや怖い

その結果、もうその人のLINEは無視。それでも、何度も送られてくるメッセージには恐怖すら感じちゃったそうです。

返事を返さないとき、相手にも何か都合があるのかもしれませんよね。そんなことも考えず、自分の都合を押し付けてくるこの男性、彼女がいないのも納得!

4:アイドルの追っかけ日記

ホーム投稿に、あるアイドルグループの熱狂的なファンなんだろうな……と分かるような投稿をあげる友人Dくん。ファンであること自体はかまいませんが、それをみんなに報告しなくても……。しかも投稿の頻度が多すぎるんです。

週に何度も、「ライブに行った」、「グッズ買っちゃったー」、「偶然ももクロの曲が流れてきてテンション上がった」なんてどうでもいい内容の投稿が……。

引いちゃう

これじゃあ、周囲の女性が引いてしまうのも仕方ありません。大好きなのはいいですが、自分の中に留めることはできないのでしょうか。

5:お出かけ情報誌かッ!

Eさん(26歳/女性)にこっそり見せてもらった、ある男性からのLINEには人気のテーマパークや最新スポットなど、お出かけ情報がいっぱい! でも「こんなとこあるよ」と毎回教えてくれるわりには、「一緒に行こう」の一言がないんだとか。

なにその受け身?

エサを垂らして、食いつくのを待つその姿は釣りのごとし。でも、針にかかったところで、糸を引き上げなければ魚は釣れません。

Eさんだってたまに「楽しそうだね」くらいは返しているのに、それでも出ない「一緒に行こう」。よほど断られるのが怖いのでしょうか? その男性に彼女がいないのもうなずけます。

LINEをみると、その男性のことがちょっと分かるような気がします。神経質なのか、おおざっぱなのか、真面目なのか、などなど。いいなと思った相手の、LINEは要チェックですね。