2002年以降に生まれたU-15日本代表が世界に挑む

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は5日、今月20〜24日にインドネシアで行われる「AFC U-16選手権2018予選」のU-15日本代表メンバー23人を発表した。

 日韓W杯が行われた2002年以降に生まれた世代で構成されるU-15日本代表は、2019年に行われるU-17杯を目指すチーム。この大会はW杯に向けた1次予選にあたるもので、20日にグアム、22日にシンガポール、24日にマレーシアと対戦する。

 2002年早生まれは、2世代上のU-17日本代表にも選ばれていたモンテディオ山形ユースDF半田陸、鹿島アントラーズユースの高身長GK山田大樹ら5人が選出された。

 2003年生まれでは、夏の日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会で優勝したサガン鳥栖U-15のDF中野伸哉が唯一、選ばれた。同大会で準優勝に輝いた清水エスパルスジュニアユースからは初招集のFW小塩拳生を含む最大5人が入った。

 チームを指揮するのは横浜FCなどで活躍した有馬賢二監督。JFAを通じて、「選手たちにとっては、日本代表として初めての世界に向けての戦いとなる。もちろん予選突破が目標だが、自分たちからボールを奪いにいき、またアグレッシブにゴールを奪いたい。3月から4回の海外遠征を重ね、今後世界で戦い抜いていくため世界基準を常に意識し、自分たちの基準を少しずつ積み上げてきた。予選の3試合で持てる力をすべて出し切れるよう、選手・スタッフと共にチャレンジする」とコメントしている。

 U-15日本代表は11日から国内合宿を開き、鹿島ユースとトレーニングマッチをした後、インドネシアへ向かう。

選手、スタッフは以下のとおり

■スタッフ

団長:西野朗

監督:有馬賢二

コーチ:廣山望

GKコーチ:水原大樹

コンディショニングコーチ:中馬健太郎

総務:上田達也

主務:渡邉大

■選手

▽GK

1 山田大樹(鹿島ユース)

12 佐々木雅士(柏U-15)

23 ジョーンズ・レイ(大宮ジュニアユース)

▽DF

2 半田陸(山形ユース)

15 田島詳基(清水ジュニアユース)

16 田中芳拓(清水ジュニアユース)

3 鈴木海音(磐田U-15)

14 植田啓太(横浜FMジュニアユース)

21 菅原一真(FC東京U-15深川)

4 佐古真礼(東京Vジュニアユース)

22 中野伸哉(鳥栖U-15)

▽MF

8 山内翔(神戸U-18)

20 荒木遼太郎(東福岡高)

17 西川潤(桐光学園高)

7 青島健大(清水ジュニアユース)

6 横川旦陽(湘南U-15平塚)

13 近藤蔵波(C大阪U-15)

10 成岡輝瑠(清水ジュニアユース)

5 角昂志郎(東京武蔵野シティFC U-15)

▽FW

18 吉田有志(C大阪U-15)

9 中野桂太(京都U-15)

11 青木友佑(FC東京U-15深川)

19 小塩拳生(清水ジュニアユース)
▼関連リンク

【特設ページ】AFC U-16選手権2018予選