練習に復帰したFWウェイン・ルーニー

写真拡大

 エバートンのロナルド・クーマン監督は、FWウェイン・ルーニーが飲酒運転で逮捕、罰金処分を受けた件に言及した。『BBC』が報じている。

 ルーニーは9月1日未明、チェシャーの自宅近くで飲酒運転していたとして逮捕され、拘置所で取り調べを受けると、一夜明けた同日朝に保釈金を支払って釈放されていた。

 クーマン監督によると、5日に話し合いの場が設けられ、「ビル・ケンライト会長がルーニーと話し合いをした」という。ルーニーはすでにチーム練習に復帰し、第4節のトッテナム戦に向けてトレーニング中。

 ただし今回の騒動で、チームにはルーニーへの疑念がくすぶっており、指揮官も「ルーニーにはとても失望している」と発言。クラブが給与2か月分相当の32万ポンド(約4570万円)を科すとも報じられているが、「ルーニーについては時期を伺いながら内々で処分するつもりだ」と方針を明かした。

 ルーニーは今月18日にストックポートの治安裁判所に出頭する予定となっており、その場で飲酒運転の処分が決められる。18日は第5節の古巣マンチェスター・ユナイテッド戦翌日にあたり、遠征メンバーに入ればエバートン復帰後初のユナイテッド凱旋となる。


●プレミアリーグ2017-18特集