報道陣を“口撃”したアンジェ・ポステコグルー監督

写真拡大

 オーストラリア代表のアンジェ・ポステコグルー監督は5日に行われたロシアW杯アジア最終予選のタイ戦後、記者会見で報道陣に怒りを露わにしたようだ。オーストラリア版『フォー・フォー・トゥー』が報じている。

 オーストラリアはホームに最下位のタイを迎えた一戦で、45本のシュート(アジアサッカー連盟集計)を放ちながら、わずか2点止まり。勝ち点で並ぶ可能性があるサウジアラビアを、得失点差で上回ることができなかった。

 試合後、ポステコグルー監督は開口一番に「信じられない!素晴らしい試合だった!」と皮肉交じりのコメント。「この2年間、イライラしながらここに座り、選手たちに投げかけられる“ゴミ”を聴いてきた」と報道陣を攻撃した。

 そのうえで「われわれは10試合を戦ってきて、負けたのは1回だけだ。彼らは私が求めてきたものをすべてやってくれた」と選手を擁護。最後は「何が分かる?私が言うべきことは以上だ」と述べ、会見場を去ったという。

 それでも、W杯出場を諦めたわけではない。同国代表の公式サイトでは、日本代表が引き分け以上の結果を出せば、オーストラリアのW杯出場が決まることを受け、メンバーの大半が集まって戦況を見守ることを表明した。

 ポステコグルー監督も「飛行機で帰らなければならないメンバーもいるが、機内で見るように伝える。何が起きるかを見守るし、その後に声明を発表するつもりだ」と述べている。


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧