FWレアンドロは今季絶望となった

写真拡大

[故障者情報]

 ヴィッセル神戸は8日、FWレアンドロ(32)が7日に神戸市内の病院で左膝前十字靭帯損傷の手術を行い、全治8〜9か月と診断されたことを発表した。

 昨季19ゴールを記録した得点王が、今季はノーゴールで終わる。レアンドロは2月25日に行われたJ1第1節の清水戦(1-0)で左足を負傷。左膝前十字靱帯損傷および外側半月板損傷で全治6か月の診断を受けると、母国ブラジルに帰国し、治療に専念していた。

 順調に回復すれば復帰は間近だったが、8月中旬にいぶきの森球技場で行われた練習中に負傷。神戸市内の病院にて検査を行った結果、再び左膝前十字靭帯損傷と診断されていた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ