讃岐DF李栄直が北朝鮮代表で初ゴール

写真拡大

 カマタマーレ讃岐に所属する北朝鮮代表DF李栄直が5日、ホームで行われたアジア杯3次予選グループリーグのレバノン代表戦で国際Aマッチ初ゴールを記録した。

 李栄直は1-1で迎えた後半42分、右クロスのこぼれ球に反応し、PA手前中央で右足を一閃。抑えの利いたシュートをゴール左に決め、勝ち越し点をマークした。しかし、チームは終了間際に同点弾を献上し、2-2のドロー。北朝鮮は2戦2分となったが、消化試合が1つ少ないながら出場圏内の2位につけている。

 7日に自身のツイッター(@yonjick)を更新した李栄直は「初ゴールやっと取れました。初ゴールは絶対ホームでとりたかったのでとれて良かった」と喜びのコメント。予選突破へ向け、「後は勝つだけ」と気合を込めた。

 所属する讃岐では7月29日のJ2第25節・大分戦(0-1)を最後に先発出場から遠ざかっている李栄直だが、「戻っても苦しい状況は変わらないけど自分が出来る準備をします」と意欲を示している。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ