川崎Fの選手全員がボルトポーズで記念撮影

写真拡大

 ボルトが、川崎フロンターレの練習場の麻生グラウンドに、キターーッ!!

 陸上男子100m、200mの世界記録保持者で、8月の世界陸上を最後に現役を引退したウサイン・ボルト氏が6日、神奈川県川崎市にある麻生グラウンドを電撃訪問した。川崎Fのユニフォームサプライヤーをプーマ社が務める関係で実現したもので、午前練習を終えた川崎Fの選手たちと記念撮影などを行った。

 世界最速の男の登場を川崎Fイレブンは拍手で歓迎。FW小林悠が代表して、背番号『9.58』のユニフォームを手渡すと、早速袖を通して集合写真におさまった。

 ボルト氏は引退レースとなった世界陸上の男子400mリレー決勝で左太もも裏を痛めて転倒。まさかの途中棄権という結果で、現役生活に幕を閉じた。レース直後には自身のツイッターで全治3か月を公表していた。

 しかし、マンチェスター・ユナイテッドの大ファンを公言するなど、サッカー好きで知られるボルト氏。サッカーボールを見ると、体が勝手に反応してしまうようだ。リフティングなど華麗なテクニックを見せて体を温めると、最後は元日本代表MF中村憲剛とパス交換。大満足の様子で練習場を後にした。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ