全治12週間と診断されたMF八反田康平

写真拡大

[故障者情報]

 名古屋グランパスは5日、MF八反田康平が右膝後十字靱帯損傷で、全治約12週間と診断されたと発表した。八反田は2日に行われたJ2第31節の水戸戦で負傷していた。

 八反田は名古屋に移籍した今季、リーグ戦15試合に出場。9試合ぶりのスタメンとなった水戸戦では、後半44分にピッチを退いていた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ