iPhone、MacBookにピッタリ!Beatsから待望のノイキャンワイヤレスが登場!

写真拡大 (全4枚)

Appleファミリーの一員であり、だからこそApple製品との相性がバツグンの「Beats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)」に待望のノイズキャンセリングヘッドフォンが登場しました。独自技術により周囲のノイズを抑え、Appleデバイス間の切り替えもスムーズ。Beatsならではの洗練されたデザインと上品なカラバリも必見です。

新しくお目見えするのは「Beats Studio3 Wireless オーバーイヤーヘッドフォン」(3万7584円 10月中旬発売)。独自開発のノイズキャンセリングテクノロジー(Pure ANC機能)が再生している音楽を解析しながら音源にノイズキャンセリングを適用。周囲のノイズが極力抑えられ、聴きたいサウンドだけをじっくり楽しめます。

注目はAppleファミリーならではの高い機能性。AppleオリジナルのW1無線チップを搭載し、iPhoneユーザーは近接ペアリング機能によってワンステップで簡単にBluetoothに接続が可能。同一のiCloudアカウントでログインしたAppleデバイス間で切り替えができ、iPhone通話で使用したあとすぐにMacBookでの映画鑑賞に使う、なんてことも簡単です。

気になるバッテリー面もかなりタフ。W1が採用されたことでバッテリー寿命は旧型モデルのほぼ2倍になり、ノイキャン状態でのワイヤレス再生を最長22時間楽しめます。また、イヤーカップでノイキャン機能を直接オフにすれば、音質を維持したまま最長40時間、ノンストップでサウンド再生が可能というからオドロキ。もしバッテリーが切れてもマクロUSBケーブルで10分充電すれば約3時間の再生が可能という心強さです。

▲左からホワイト、レッド、ブルー、マットブラック、シャドーグレー、ポーセリンローズ

Beatsならではの洗練されたフォルムに加え、豊富なカラバリも見逃せません。とりわけ特別エディションのポーセリンローズとシャドーグレーは秋の装いにぴったり合いそう!

>> Beats by Dr. Dre「Beats Studio3 Wireless オーバーイヤーヘッドフォン 」

 

 

(文/&GP編集部)