棚田CAMPING 2017(棚田キャンピング)

写真拡大

全国でも初めての試みとなる、棚田キャンピングが2017年4月に長野の棚田で開催された。そして、10月21日(土)〜22日(日)に、「棚田CAMPING 2017」としてリニューアルして再び行われる。

田植えから稲刈りまでの収穫作業が終わった休耕中の棚田に、テントを張ってキャンプをする企画。棚田の景観を満喫するとともに、保全活動の一環に繋げていきたいという願いが込められているという。

会場となるのは真田家ゆかりの郷、信州上田“稲倉の棚田”。美しい景観から日本の棚田百選にも選出されている場所が一時的にキャンプ場となる。常設テント区画もあり、キャンプ用品が現地でレンタルできるため、手ぶらでも参加可能。

会期中は以下の3つのイベントも行われる。

1)耕作機で田おこし作業体験
2)棚田の新米飯ごう炊き体験
3)キャンプファイヤー体験

イベントの間には十分なフリータイムも設けられているので、棚田鑑賞や市街観光を満喫できる。近隣には真田家ゆかりの史跡、温泉施設、地域物産店などもあるので足を運んでみよう。

◆日時
2017年10月21日(土)11:00〜10月22日(日)12:00

◆スケジュール
10月21日(土)

11:00 受付
↓ テント設営
12:00 挨拶
↓ フリータイム
16:00 1)「耕作機で田おこし作業体験」
↓ 夕食各自
20:00 2)「キャンプファイヤー体験」
↓ テント泊

10月22日(日)
07:30 3)「棚田の新米飯ごう炊き体験」
12:00 挨拶
↓ フリータイム(夕方までテントそのままでOK)

◆場所
稲倉の棚田(長野県上田市殿城2889-1)

◆料金
・ 持込テント区画:3,000円
1組あたり約3m×6m範囲。持ち込んだキャンプ用具を自分たちで設営するエリア。テントは範囲内で何張りでも設営可能。

・常設テント区画:6,000円
1組あたり6人用テント+ランタンを設営済。手ぶらでのデイキャンプやキャンプ用具をレンタル(現地精算)して参加可能。

◆その他
1)交流館内に水洗トイレ
2)駐車エリアの確保有
3)飲料可能な湧水有(ポリタンク各自用意の事)
4)荷物の前日発送受取り対応(交流館宛にて)
5)キャンプ用品レンタル対応(リスト参照にて事前予約)

※詳細はHPで確認

(2017/9/8 時点の情報)