【詳細】他の写真はこちら

最近は“歌のイメージと飾らない素のキャラのギャップがすごい!”とバラエティ番組で大ウケしている青山テルマが、デビュー10周年を記念したニューアルバム『10TH DIARY』のリリースイベントを、9月7日、池袋サンシャインシティ噴水広場にて開催。スペシャルゲストとして登場としたお笑い芸人 藤本敏史(FUJIWARA)との爆笑トークで会場を盛り上げた。

メジャーデビュー翌年の2008年に発表した「そばにいるね」(青山テルマ feat.SoulJa名義)が、着うたフル(R)で史上初のダウンロード数200万件突破。のちに“日本で最も売れたダウンロードシングル”としてギネス世界記録に認定されるほどの大ヒットとなり、青山テルマは瞬く間にスターダムを駆け上がった。

その後も実力派アーティストとしてはもちろん、ファッションやグラフィック、アートなどのセンスでも同世代の女性からカリスマ的な支持を得ており、Instagramのフォロワーは現在72万超。そして前述通のとおり、近年はその奔放でサバサバしたキャラクターが幅広い層から共感され、10周年を迎えるなかであらたなブレイクを果たしている状況だ。

そんななか、デビュー10周年アニバーサリーオリジナルアルバム『10TH DIARY』を9月6日にリリースしたことを記念して、発売日の翌日に池袋サンシャインシティ噴水広場にてイベントを開催。

「どーもー!」と気さくな挨拶と共に青山テルマが登場すると、ステージ周辺を埋め尽くしたたくさんのファンから大歓声が沸き起こった。“人生を変えてくれた1曲”として「そばにいるね」を歌い始めると、会場は大合唱に。2曲目に懐かしめのナンバーとして「何度も」を披露すると、道行く人々も次々に足を止め、その美声に耳を傾けた。

続いてアルバム『10TH DIARY』のリードトラック「一生仲間」にちなみ、自身が実際に親交のある“仲間”の動画コメントが紹介され、作品やステージでも競演してきた盟友にして、父母とも交流があるという清水翔太、SNSを通じて交流を深めた存在でハイテンションなコメントで笑いを誘った人気YouTuber けみお、最近ではバラエティ出演に際する相談なども受けているという10年来の大親友・木下優樹菜のコメントを上映。その木下優樹菜が、多忙で行けないので代理を用意したと笑顔を見せると、夫の藤本敏史がステージに登場!

驚いた観衆から、この日いちばんの大歓声が沸き起こるなか、最近は仕事でもよく会っているという両者は、プライベートでは女々しいというフジモンの話や、藤本家に泊まったときにテルマが足を広げて寝ていたエピソード、さらには「ハァ?」と首を傾げたテルマに「ハァ?や あらへん!」と声を荒げるフジモンや、彼の持ち前のギャグ「顔がデカいからや!」などなど、息の合った掛け合いで何度も爆笑を誘った。

そして最後の1曲として「一生仲間」を歌う際、フジモンは客席最前列の“特等席”からステージを観賞。曲終盤にはステージへ呼び込まれ、直前に指南を受けて覚えた振付に独特のアレンジを加えた独特のダンスに、お笑い芸人 レギュラーの持ちネタをオマージュした動きまで見せるサービス精神でステージに華を添えた。

大盛況のうちにステージを締めくくったあとは特典会も実施され、ファンとの交流を楽しんだ青山テルマだが、今後は甲府市内で初の野外イベントや尼崎市のダンス音楽フェス、帝塚山大学の学園祭への出演が決定。12月には10周年を記念したツアー『LIVE TOUR “10TH DIARY” 2017』で、大阪、福岡、東京の3会場を巡る。

TEXT BY 杉岡祐樹

PHOTO BY Jumpei Yamada

リリース情報



2017.09.06 ON SALE

ALBUM『10TH DIARY』

ライブ情報



LIVE TOUR “10TH DIARY” 2017

12/14(木) 大阪・umeda TRAD

12/16(土) 福岡・IMS HALL

12/19(火) 東京・LIQUIDROOM

青山テルマ OFFICIAL WEBSITE

http://thelma.jp/