画像提供:マイナビニュース

写真拡大

GMOインターネットは9月7日、「次世代型7nm」の半導体チップを活用した「仮想通貨の採掘(ビットコインマイニング)事業」を、2018年上半期を目処に開始することを決議したと発表した。

ビットコインのマイニング事業を行うためには、高度かつ膨大な計算処理が可能なコンピューターと、その稼働と冷却を行うための安定した電力を必要とする。

そこで同社は、高性能コンピューター(マイニングボード)を実現するために、半導体設計技術を持つパートナー企業とともに、最先端の7nmプロセス技術を活用した半導体チップ(マイニングチップ)の研究開発を実施。また、再生可能エネルギーの豊富な北欧に「次世代マイニングセンター」を設置し、クリーンで安価な電力を調達することで、コストを抑えた施設の運営を可能にするという。

今後は、「次世代マイニングセンター」の設備資金をユーザーから調達するとともに、その収益を配分するクラウド・マイニングサービスを展開。また、マイニングチップを搭載したマイニングボードは製造後、「次世代マイニングセンター」で使用するだけでなく、一部外部への販売を行なうことも検討しているとのこと。さらに、同社グループ会社であるGMOコインに対し、マイニングされたビットコインをはじめとする仮想通貨の供給も予定している。