【詳細】9月3日、福岡BEAT STATION公演の写真はこちら

中村獅童企画のライブイベント『ACTOR’S NIGHT TOUR』の東京公演が、9月7日、東京・渋谷CLUB QUATTROにて開催された。

オープニングアクトとして出演したのは、平均身長180cm越えのハイスペック集団!!“イケ家!”。息の合った熱いダンスパフォーマンスで黄色い歓声が巻き起こった。

本編のトップバッターは湘南を出発点に活動を開始したスカバンドのSHOW-SKA。中村獅童とのコラボレーションで「カサブランカダンディー」「黒く塗りつぶせ」などを歌唱、フロアの熱を上昇させていく。

続いて登場したのは田口トモロヲがボーカルを務めるLASTORDERZ。「ポエム・ド・パンク!」「大人パンク!」「パンク☆ミー!」など、アップテンポでパンクな楽曲をパフォーマンスし、大きなインパクトを残し会場は大盛り上がりに。

次に登場したのは、大森南朋率いる“月に吠える。”。彼らが標榜する「大人ロック」にふさわしい観客を魅了するパフォーマンスを披露。

終了後にはサプライズゲストで宮藤官九郎、マギーがステージへ。宮藤官九郎はギターを演奏し、中村獅童・大森南朋・田口トモロヲ・マギーが映画『アイデン&ティティー』より「悪魔とドライブ」を歌唱し、会場はプレミアムな空気に包まれた。

トリを務めるのは、中村獅童、仲野茂がボーカルを務める高樹町ミサイルズ。「ワイプアウト」から始まり、「キル・ザ・プア」「Fool for you」「恋をしようよ」など計11曲を熱唱。めまぐるしいステージングとパフォーマンスで会場の熱気は最高潮に。

フィナーレでは中村獅童の呼び込みで出演者陣が集合、全員で「ジョニー・ビー・グッド」を熱唱した。

途中、観覧に来ていた柄本時生がステージにあがるサプライズも。場内には大歓声が巻き起こった。

そしてラストは、サプライズゲストとして浅野忠信がステージへ。「きめてやる今夜」を全員でパフォーマンスし、 豪華キャストが集結したライブは終了した。

ロックライブイベント『ACTOR‘S NIGHT TOUR』は、9月3日、福岡BEAT STATIONより開幕。福岡公演では、高樹町ミサイルズを筆頭に、月に吠える。らが登場し、約3時間に渡り350名の満員のファンを熱狂させた。中村獅童は、高樹町ミサイルズのみならず、ゲストバンドにも参加し、21曲を歌い完全復活を見せつけた。

ツアーファイナルは9月17日に名古屋ReNY Limited.にて開催。高樹町ミサイルズと、2018年3月に日本武道館での公演が決定している打首獄門同好会が出演する。

※サブ写真は、すべて9月3日、福岡BEAT STATION公演より。

『ACTOR‘S NIGHT TOUR』の詳細はこちら

http://www.zen-a.co.jp/ticket/ant2017/