メルセデス『AMG GT 4ドア』(仮称)プロトタイプが、ついに後部カモフラージュをアンベールしました。

3月のジュネーブモーターショーで初公開されたメルセデスAMG GTの4ドアモデルとなる『GTコンセプト』はファストバックスタイルだったため、市販型でも同デザインの採用が予想されたものの、これまで目撃されたプロトタイプはトランク部分を持つノッチバック風カモフラージュが施されていました。

しかし、ついに後部が完全露出。ポルシェ『パナメーラ』やアウディ『A7』のようなファストバックデザインであることが新たに分かりました。さらにウィンドゥ越しにコックピットの一部の撮影に成功、そこには「AMG GT」とは全く異なる、Eクラス同様のデュアルディスプレイらしき影が映されていました。

パワートレインは805psを発揮する4リットルV型8気筒エンジンとF1技術を導入する「EQ POWER+」を組み合わせたハイブリッドシステムや、600ps程度を発揮するガソリンエンジンがラインナップされ、2018年内の発売が期待されています。

(APOLLO)

ファストバックだった!メルセデスAMG GT 4ドアの後部デザインが完全露出(http://clicccar.com/2017/09/08/506524/)