リアム・ペイン、子供をベアと名付けた理由

写真拡大

ワン・ダイレクションのリアム・ペインが、今年3月、シェリル・コールとの間に誕生した長男をベア君と名付けた理由を明かした。当初、あまりにも風変りなため、エイプリル・フールではないかと推測されたほどだが、カップルは赤ちゃんの性格を見極め、ベア(熊)を選んだそうだ。

◆リアム・ペイン画像、動画

2人は以前から、誕生前もしくは誕生後すぐに名前を付けるのではなく、赤ちゃんの性格を知ってから、それに相応しい名を与えたがっていると伝えられていた。実際、3日後に赤ちゃんが誕生したことを報告したとき、リアムは「まだ名前は決めていない」とコメントしていた。

今週、コメディアン、ジェイムス・コーデンのトーク番組『The Late Late Show』に出演したリアムは名前の由来をこう説明した。「彼が生まれたとき、助産婦の1人から、ちゃんと泣かなかったら、肺に水が溜まっているかもしれなくて、そうだとしたら深刻だって言われたんだ。彼は寝てるとき“ガルルル、ガルルル”って声を出してて、僕は大慌てで、病院中から医師たちを連れてきた。10人くらい来たんじゃないかな」

「結局、“何も悪いとこはない。彼は大きな音を出したいだけだろう”って言われた。以来、ずっとそうだった。だから、ベアになったんだ」

もうじき6ヶ月になるベア君は、両親がミュージシャンだけに、「誰かが歌っているのを聴いているときが一番ハッピーで、音楽の血が流れてるのかも」とのこと。

Ako Suzuki