サム・スミス、2年ぶりの新曲をリリース

写真拡大

サム・スミスの新曲「トゥー・グッド・アット・グッバイズ 〜さよならに慣れすぎて」が、日本時間本日9月8日(金)にリリースされた。

◆「トゥー・グッド・アット・グッバイズ」試聴音源

映画『007 スペクター』の主題歌として発表された2015年の「Writing's On The Wall」以来およそ2年ぶりの新曲となる「トゥー・グッド・アット・グッバイズ」は、長年のコラボレーターであるジミー・ネイプス、スターゲイトとのタッグによる作品だ。悲しい恋がソウルフルに歌い上げられた同新曲について、サムは自身のかつての恋愛関係がテーマであるとしながら次のように語っている。

「この曲は、僕のかつての恋愛関係がテーマになっていて、要するに、フラれることに慣れていくってことについて歌っているんだ。どのような形であれ、僕にとって新しい曲を世に出すのは本当に久しぶりだし、今回のシングルではこれから発表する作品の方向性が打ち出されていると思うよ」

サム・スミスは先週、SNSを通じて「本当に本当に本当に本当にすぐに何かがある」とファンに向けたメッセージを発表し注目を集めていた。新曲のリリースに続いては、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ベルリンの4都市で小規模なライブを行なう予定となっている。

■リリース情報
ニューシングル「トゥー・グッド・アット・グッバイズ 〜さよならに慣れすぎて」
2017年9月8日(金)配信開始
リンク: https://umj.lnk.to/SS_tgagPR

関連リンク
◆サム・スミス・レーベル・サイト
◆サム・スミス・オフィシャル・サイト