【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の趙明均(チョ・ミョンギュン)長官は8日の記者懇談会で、北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射などの挑発を続けている意図について、「核兵器とミサイルの開発を完成段階に完全に進入させることにひとまず重点を置いているのではないか」と述べた。また、北朝鮮が建国記念日に当たるあす9日を機に再びミサイル発射実験などに踏み切り、挑発を続ける可能性もあるとし、「北がICBM(大陸間弾道ミサイル)を完成させ、そこに核兵器を搭載する状況に至らないようにするという目標の下、政府はあらゆる手立てを講じる」と説明した。

 趙氏はまた「平和的な方法で北の非核化目標を達成する」という政府の立場を改めて強調した。これについて政府高官は、平和的な方法の中には抑止力強化など「軍事的努力」も含まれると説明している。

 南北関係について趙氏は「現段階では政府は北への制裁・圧力に集中している」とし、「対話を推進し、北と話をする状況ではない」との認識を示した。