ブエルタ・ア・エスパーニャ第18ステージ(スアンセスからサント・トリビオ・デ・リエバナ、169キロメートル)。ほぼ同時にフィニッシュラインを通過するトレック・セガフレードのアルベルト・コンタドール(左)とチームスカイのクリス・フルーム(2017年9月7日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ブエルタ・ア・エスパーニャ(Vuelta a Espana 2017)は7日、第18ステージ(スアンセスからサント・トリビオ・デ・リエバナ、169キロメートル)が行われ、ロット・ソウダル(Lotto Soudal)のサンダー・アルメ(Sander Armee、ベルギー)がステージ優勝を飾り、総合争いで首位に立つチームスカイ(Team Sky)のクリス・フルーム(Chris Froome、英国)が、同2位につけるバーレーン・メリダ(Bahrain-Merida)のヴィンセンツォ・ニバリ(Vincenzo Nibali、イタリア)との差を1分37秒に広げた。

 レース序盤に20人のライダーとともに優勝候補らを置き去りにしたアルメは、アスタナ(Astana Pro Team)のアレクセイ・ルシェンコ(Alexey Lutsenko、カザフスタン)とバーレーン・メリダのジョヴァンニ・ヴィスコンティ(Giovanni Visconti、イタリア)を振り切り、4時間9分39秒でステージを制した。

 アルメはレースを振り返り、「きょうは20人の逃げ集団にとどまって大きなリードを築けた。自分がステージを制する可能性がある20人の1人であることは分かっていた」とすると、「すべてがうまくはまった。最後の15キロメートルでは絶好調で、勝利をもぎ取ることができた。本当に強さを発揮できたよ」とコメントした。

 トップのアルメから約10分遅れでフィニッシュしたフルームは、チームメートのアシストを受けながら次々と仕掛けてくる追走集団のアタックを許さず、最後の600メートルで一気に加速してニバリの追撃をかわした。

 マドリード(Madrid)の中心部を周回する10日の最終ステージを前に、実質的なレースが残り2ステージとなる中、ニバリとの差を前日から21秒広げたフルームは、今大会の大本命として史上3人目、ブエルタの日程がツールの後に変更された1995年以降では初となるツール・ド・フランス(Tour de France)とブエルタの同年2冠達成に近づいている。

 フルームは、「最後の上り坂で加速した途端、ワウト・プルス(Wout Poels、オランダ)が直接無線で『ニバリが遅れている、そのまま行け』と知らせてきた。それはまさに、きょう望んでいた結果だったと思う」と語った。

 ツールで通算4度の総合優勝を誇るフルームは、6日の第17ステージではニバリにリードを42秒短縮され、第16ステージの個人タイムトライアルでの優勝に助けられた形となった。

 しかしながら、今ステージでしっかり修正したフルームは、フィニッシュまでの3級山岳でアタックを仕掛け、それに追随できたのはトレック・セガフレード(Trek Segafredo)のアルベルト・コンタドール(Alberto Contador、スペイン)と、キャノンデール・ドラパック(Cannondale Drapac Pro Cycling Team)のマイケル・ウッズ(Michael Woods、カナダ)だけだった。

 フルームは、「昨日は厳しいステージだったから、再びニバリとの差をさらに21秒伸ばすことできて最高の気分だ」とすると、「多くの選手が昨日の努力が報われたに違いない。ニバリもその一人だ」と話した。

 今大会が現役最後のレースとなるコンタドールは、総合5位にとどまっているものの、表彰台圏内の同3位につけるチームサンウェブ(Team Sunweb)のウィルコ・ケルダーマン(Wilco Kelderman、オランダ)との差を4秒縮めて1分17秒差に迫っている。
【翻訳編集】AFPBB News