以前掲載した「古都のグルメ。京都ツウが全力でオススメする「定番本場の味」10選」では、京都がラーメン激戦区であるという意外な一面をご紹介しましたが、今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では著者で京の都に造詣が深い英学(はなぶさ がく)さんが、京都のきつねうどんまつわる「おもろい話」を披露しています。

京都のきつねうどん

京都で麺類と言えば、ラーメンかうどんというイメージでしょうか。学生の人口密度が日本一高い京都市には美味しいラーメン屋さんが沢山あります。でも今日は京都のうどんの話をしたいと思います。中でもきつねうどんにまつわるおもしろいお話をご案内します。

京都のうどんの醍醐味はなんといっても出汁。京料理とともに発達してきた、カツオと昆布の風味を利かせた薄味の出汁は絶品です。うどんは細めで、もちっとした食感で優しい味で透き通った出汁とのコンビはまさに絶妙と言った感じ。まさにこれを京うどんと呼ぶのでしょう。

そんな京うどんを食べに京都のうどん屋さんに行くと、私は決まってきつねうどんを頼みます。甘辛いお揚げが透き通ったスープに載ったうどんは関東では食べられないので必ず京都に行くと頼みます。この京都のきつねうどん、実はある伝説があるのです。

きつねうどんは明治時代に、大阪の「松葉屋」というお店で始まったそうです。関西ではきつねは伏見稲荷大社の神の使いとされていています。きつねの好物である油揚げが載っているうどんは縁起のいい食べ物とされてきました。そのためきつねの名前がついた「きつねうどん」も縁起が良いということで、京都でも人気があります。

2つのきつねうどん

きつねうどんは、通常甘い味が染みこんだ四角い油揚げが載っているうどんのことですよね。しかし京都には2つの種類のきつねうどんがあります。「甘ぎつね」と「刻みきつね」と呼ばれるものです「甘ぎつね」はいわゆる、普通のきつねうどんです。「刻みきつね」は、甘い味がついていない短冊状に細く刻んだ揚げが載ったうどんです。

この「刻みきつね」は京都ならではといったご当地メニューです。なぜこのようなきつねうどんが京都で食べられるようになったと思いますか? それは舞妓さんが食べられるようにです。おちょぼ口で食べないといけない舞妓さんが食べやすいようにということで出来たメニューです。揚げを小さく刻んだ理由は舞妓さんのためだったんですね。お店できつねうどんを注文すると、普通の「甘ぎつね」が出てきます。

ちなみに京都のたぬきはきつねにあんがかかったあんかけうどんです。きつねが「ドローン」と化けるからだそうです(笑)。おもしろいですよね〜。底冷えする京都の冬にはあんをかけて食べる料理は欠かせません。

きつねうどんの別名

京都のきつねうどんには別名があるのをご存知でしょうか? 今はあまり知られていないようですが「信太(しのだ)」といいます。京都の歴史好きの方ならご存知かも知れません。

実はこの話の由来は安倍晴明(あべのせいめい)に関係しているんです。安倍晴明の母は人間の姿に化けたきつねだったという話をご存じでしょうか? ある時、晴明の父、安倍保名(やすな)が大阪の和泉にある信太明神にお参りに行きました(この神社今でも大阪にあるようです)。するとそこにはとても美しい女性がいたそうです。後に二人は結ばれて、生まれた子どもが晴明でした。

数年後、晴明の母はなんときつねであることが分かりました。母は晴明に

「恋しくば 尋ねて来てみよ 和泉なる 信太の森の うらみ葛の葉」

と言い残していなくなってしまいました。晴明の母は自分のふるさとだった大阪和泉の信太の森に逃げ帰ってしまったのです。当時まだ幼かった晴明は父に連れられて信太の森に行きます。

母に会って、帰ってきて欲しいと説得したのですが、一緒に帰ってはくれませんでした。母親はその代わりに息子・晴明に護符を授け水晶の玉を渡したといいます。その護符と水晶玉の力のお陰で、晴明はその後歴史に名を残すほど有名な陰陽師になりました。晴明は成人してから6代の天皇の側近として仕えました。

きつねうどんのことを「信太」と呼ばれる理由はこの晴明の伝説話にあったのです。どんなに歴史を振り返ってもきつねの母親から生まれた人間はいないと思いますが、安倍晴明は平安時代に実存した人物です。未来の出来事を言い当ててしまうような並外れた能力を持っていた安倍晴明。そんな彼の人間離れした能力が誇張されて、きつねから生まれたという話がまことしやかに受け継がれたのかも知れませんね。

いかがでしたか? 京都は日本人の知識と教養の宝庫です。これからもそのほんの一部でも皆さまにお伝え出来ればと思っています。

image by: Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!