福島第一原発 汚染水タンクの解体作業にあたっていた男性が内部被ばく

ざっくり言うと

  • 福島第一原発で、男性が放射性物質を吸い込み内部被ばくする事故があった
  • 男性は汚染水をためるタンクの解体作業で、チリなどを吸い込んだとみられる
  • 胸のレントゲンを1回受けた時の5分の1程度の、微量の被ばくだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング