移籍問題に揺れたファン・ダイクがトップチームの練習に復帰

写真拡大

▽サウサンプトンに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが7日にトップチームのトレーニングに合流した。同クラブを率いるマウリシオ・ペジェグリーノ監督が公式会見で明かした。クラブ公式サイトが伝えている。

▽今夏、セインツからの移籍を求めたファン・ダイクは、クラブにトランスファーリクエストを提出。だが、今夏の売却不可を明言したクラブは、マンチェスター・シティやリバプール、チェルシー、アーセナルなどからのオファーを受け入れず、今夏の移籍の可能性は消滅した。

▽この間にファン・ダイクは、トップチームでの練習参加を見送られ、リザーブチームでのトレーニングが続いていたが、この度正式にトップチームの練習に復帰した。

▽ファン・ダイクの練習復帰について、ペジェグリーノ監督は、「今はすべてが平常に戻っている。彼の復帰は我々にとって良いニュースだ」と、今夏去就に揺れたディフェンスリーダーの復帰を喜んでいる。

▽なお、今年1月から足首のケガで戦列を離れていたファン・ダイクだが、次節のワトフォード戦、あるいは第5節のクリスタル・パレス戦での復帰が見込まれる。

▽日本代表DF吉田麻也にとっては、今夏ラツィオから加入したオランダ代表DFヴェスレイ・ホードの存在に加え、ファン・ダイクの復帰によって、今後熾烈なポジション争いが待っているはずだ。