「Dressing」

写真拡大

 アーティストとんだ林蘭が、個展「Dressing」を中目黒のギャラリー ボイルド(VOILLD)で開催する。会期は9月9日から10月1日まで。
 とんだ林蘭は東京を拠点に、コラージュやイラスト、ペインティング、近年では映像や写真、立体、インスタレーションなど、様々な手法で作品を制作。独自の関心、興味から生まれる実験的な挑戦を試み続け、ファッションブランドとのコラボレーションや音楽アーティストへの作品提供を行うなど活動を広げている。
 個展「Dressing」では、着飾ることや彩りを添えることを表現。それらは日常的に行われ、本来の魅力を引き立てながら、時に欲や見栄が滑稽な姿として映し出されてしまう事もあると捉える。会場では、ペインティングやドローイングの平面作品を中心に、映像、立体、インスタレーション作品を含む約40点を展示。病や死といった言葉を連想させるようなシチュエーションもあり、鮮やかな色彩や突飛なモチーフの組み合わせも特徴だという。
 会場では作品をはじめ、クッションやポーチ、iPhoneケースなどの限定オリジナルグッズが販売される。