日本相撲協会は大相撲秋場所(10日初日、東京・両国国技館)の取組編成会議を8日、両国国技館内で開き、初日と2日目の取組を決めた。白鵬、稀勢の里、鶴竜の3横綱が初日から休場。1人横綱となる日馬富士は初日に栃煌山、2日目は栃ノ心と対戦する。途中休場しなければ、千秋楽まで結びで相撲を取ることが濃厚だ。

 大関・高安は初日が栃ノ心、2日目が玉鷲。カド番大関の豪栄道は琴奨菊、北勝富士と当たり、同じくカド番の大関・照ノ富士は北勝富士、琴奨菊の順にぶつかることになった。

 新入幕の朝乃山は初日にベテランの蒼国来、2日目には人気力士の遠藤と決まった。