<ISPSハンダマッチプレー選手権 準々決勝◇8日◇浜野ゴルフクラブ(7,217ヤード・パー72)>
国内男子ツアー「ISPSハンダマッチプレー選手権」はこの日準々決勝の4試合が行われた。
27ホールを戦い抜いた片山は、グリーンに倒れこんだ
高山忠洋とマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)は接戦の末に高山が1UPで勝利。H・W・リュー(韓国)と今平周吾の戦いは、先週ツアー2勝目を上げたリューが勢いそのまま今平を2&1で撃破。
前日に27ホールの激闘を演じた片山晋呉が飛ばし屋の塚田陽亮6&4で圧倒。永久シードプロの力をみせつけ準決勝に駒を進めた。池田勇太は韓国の“特殊部隊から来た男”チョ・ビョンミンに2&1に敗れた。
準決勝進出者は、高山、リュー、片山、ビョンミンの4人となった。なお、準々決勝の敗者4名は5位タイ決定戦に回る。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

勝ったはいいけどホテルがない!今平周吾が勝利の後に行うこととは?
初出場初V 韓国特殊部隊から来た男チョ・ビョンミン
縁遠いマッチプレーで快進撃!高山忠洋が4連勝でベスト8入り!
大ベテランのヒメネスが首位発進!川村昌弘は91位と出遅れ
クラブ契約フリーの宮里優作、今季2勝のクラブをガラリ!その理由とは?