ブライアン・メイ、大興奮! フレディ映画制作の進行具合を報告

写真拡大

クイーンのフロントマン、故フレディ・マーキュリーのバイオグラフィ映画『Bohemian Rhapsody』で、フレディの元恋人で、別れた後も彼が厚い信頼を寄せていたメアリー・オースティンを演じる女優が発表された。

◆ブライアン・メイ 興奮のインスタ投稿

『ミス・ポター』『シング・ストリート 未来へのうた』『オリエント急行殺人事件』などに出演する英国の女優ルーシー・ボイントンに決まったそうだ。

フレディはブライアン・メイを通じ知り合ったメアリーと70年代初めから数年間、交際。一緒に暮らしていたが、フレディがレコード会社に勤めるアメリカ人男性と出会い、彼女に自分が同性愛者であることを告げたのを機に別離した。しかし、その後も2人の絆は強く、フレディは真の友はメアリーだけだと話していたこともあったと言われる。また、「Love Of My Life」(1975年)は彼女に捧げた曲だと考えられている。

ブライアン・メイは、映画の制作に本当に興奮しているようで、インスタグラムに続々と『Bohemian Rhapsody』関連の画像を投稿している。

映画では、すでに伝えられたライブ・エイドのセットだけでなく、クイーンのアルバム・ジャケットも再現されたそうだ。ブライアンはそれを公開し、「これ、見たことある? 僕らのアルバム・カバーのコレクションだ──よね? ノー! もう一度見てごらん。ズーム・イン。この写真にあるアイテムの全ては、『Bohemian Rhapsody』に出演する4人のBo Rhap Boysによる再現だ。素晴らしい! 僕は今日、完璧に再現されたライブ・エイドのセットで彼らが演じているのを見て、本当に胸が詰まった」と、コメントした。

Ako Suzuki