ハリルJを“口撃”した横浜FMの豪州代表DF 地元紙のW杯予選平均採点で落第評価

写真拡大

最終予選で6試合に先発したデゲネク 平均採点「5.6」で及第点を下回る

 オーストラリア代表は、8月31日に埼玉スタジアムで行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で日本に0-2と敗れ、5日の本拠地タイ戦ではシュート45本を浴びせながら2-1の辛勝。

 2位サウジアラビアと勝ち点19で並んだが得失点差で「2」及ばず、グループ3位となり、10月にホーム&アウェーで争われるシリアとのアジアプレーオフに臨むことになった。

 W杯自動出場権を逃す一つの要因となった日本戦を前に、地元メディアを通じて「私のクラブで聞いた話によると、チームやクラブの中にはオーストラリアの勝利を願っている人もいるようだ」など、ハリルジャパンを挑発する発言を繰り返していた横浜F・マリノスDFミロシュ・デゲネクだが、オーストラリア紙「ヘラルド・サン」による最終予選10試合の採点企画で平均点以下だったことが明らかになった。

 特集では「この期に及んで我々は、困難な道を歩まねばならない。W杯アジア最終予選でサウジアラビアが日本を破ったことで、サッカルーズの運命は決まった。我々はシリアと2試合のプレーオフを戦った後、北中米カリブ海予選4位のチームと戦わなければいけないのだ。我々は12カ月に及ぶ最終予選を振り返り、プレーオフの重大な試合を心待ちにしながらも、個々のパフォーマンスを分析しなければいけない」と、オーストラリア代表の選手に対して厳格な態度を示している。

 最終予選10試合で先発した選手は総勢22人。平均点を「6.0」に設定したうえで、「8人の選手が平均評価をマークすることに失敗した」と記し、6試合に先発したデゲネクは平均「5.6」で落第評価の一人となった。寸評では以下のように記されている。

最終ラインを務めた選手に厳しい視線

「デゲネクの最も乏しいパフォーマンスは10点満点で5点。最高は6点だった。W杯最終予選6試合に先発し、デゲネクは右サイドバックと3バックの一角でプレーした。彼は最終予選初戦のイラク戦で周囲に確信させることに失敗。3-2-4-1システムにシフト後は、弱みを露呈した。タイ相手に自信あふれるプレーを見せる前、サウジアラビア戦前半は恐ろしいほど酷いパフォーマンスを見せた」

 一方、複数の試合に先発しデゲネクよりも平均評価が低かった選手は、貴州智誠DFライアン・マクゴーワンの「4.7」とボーンマスDFブラッド・スミスの「5.3」のみ。1試合のみの先発でデゲネク以下の評価だったFWティム・ケーヒルら3選手を除けば、最終ラインの選手に対して地元メディアから厳しい視線が注がれたようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images