懐かしのカラー復刻!ミニクーパーの限定車「ミニ アイスブルー」400台限定発売

写真拡大

BMWは8日、過去の人気カラー「アイスブルー」を復刻させ、日本限定となる特別な内装を施した「ミニ アイスブルー」を400台限定で発売した。

同限定車は、9月8日のミニクーパーの日を記念した限定車で、個性的なカラーやデザインを内外装に採用した。

今回復刻されるボディカラーのアイスブルーは、1960年代のファッションで大流行し、今ではノスタルジックな印象を与えるカラー。それを最新のMINIに採用することで、ミニの伝統的なレトロさと、新鮮さを同時に表現したレトロモダンなデザインとなっている。

インテリアには、日本限定となるオフホワイトのダッシュボードを採用した。表面にレーザー技術を用いた繊細なパターンが掘り込まれ、光の当たり方によって表情を変える上品なデザインが施されている。18世紀に英国で生まれた光沢ある乳白色の陶磁器「ボーンチャイナ」からインスパイアされており、英国らしい伝統的で上品なスタイルを表現している。

装備面では、LEDヘッドライト、ナビゲーション・パッケージ、コンフォート・アクセスなどの装備を搭載する。

価格は、335万3000円〜373万3000円。