■もしかしてあなたも戦力外女子?

あなたの知り合いにこんな女性、いませんか?

年の頃なら30半ば以上。世間一般の婚活市場ではめっきりご指名が減ってきたころで、合コンではつねに姐さん扱い。もはや男の結婚意欲をかきてる年齢は過ぎ、しかもそれを自覚している。「男ウケ」を狙ったオシャレにいそしむよりも、自分ウケの趣味に没頭しまくり……。こうした女性たちを、私は「戦力外女子」と名付けました。あなたも試してみてください。

<戦力外女子チェック>

30代半ば以上である
趣味が楽しい
ライフスタイルが固まっている
男ウケより、自分ウケ
気になる人は、年下ばかりになってきた
誰かと一緒に暮らすのは、たぶん無理
とか言いながら、ロマンチスト

5つ以上当てはまったら、あなたも戦力外女子です。

かく言うワタクシもリッパな戦力外女子。上記質問の答えは全部「はい」です。しかもワタクシの場合、ズブズブのジャニヲタ。 

■戦力外女子に最適なのは年下男子

ところが、この戦力外女子の「逆襲」とも言うべき嬉しい現象がそこかしこで起きています!アニヴェルセルによる結婚意識調査2014「年の差婚について、あなたはどれくらいまで大丈夫だと思いますか。」によると、「女性が年上でOK!」と答えた男性は、全体の90%にのぼるそう。芸能界・スポーツ界でも、ほしのあきさん×三浦皇成騎手(13歳差)、島袋寛子さん(SPEED)×早乙女友貴さん(12歳差)、小雪さん×松山ケンイチさん(8歳差)、吉田美和さん×鎌田樹音さん(19歳差)、菊地凛子さん×染谷将太さん(12歳差)など、“年上妻×年下夫”の素敵なカップルが増えているのはご存知の通りです。

実は、恥ずかしながらワタクシ自身も、30半ばで同じ職場の10歳年下のバイト君とおつきあいすることになり結婚、13年目となりました。なんやかんやはありながら、ジャニヲタのまんま、楽しく生きております。

「戦力外女子」というとネガティブな印象を受けるかもしれませんが、実は、「戦力外女子」と「年下男子」はまさにサイコーの組み合わせなのです。年下男子にとっての戦力外女子は、会社にたとえるなら「頼れる中途入社の社員」みたいな感じ。 懐深くしかも、自分の世界を持っていて、やたらにこちらの領分に踏み込んで来ることもない、「いい感じの距離」がとりやすい相手です。

■戦力外女子はガンプラを捨てたりしない!

多くの婚活アドバイスでは、「アニメやアイドルなど異性ウケの悪い趣味、観劇やコレクションなどお金のかかる趣味は隠せ、控えろ」などと言われるそうです。結婚してもずっと猫をかぶっていられるならいいですが、自分にウソをつき続ける生活は疲れるし、やがて破綻します。その点、趣味の大切さをわかっている戦力外女子は、年下夫を同士のように包むことができるのです。昨今、夫の大切なガンプラやフィギュアを勝手に捨てて顰蹙を買う妻のニュースをよく聞きますが、こういう妻は残念と言わざるをえません。

そこんとこ、戦力外女子は彼のガンプラを大事にするし、ゆったりとその趣味を見守ります。男に依存せず、健やかに楽しく、仲良く「二人四脚」で、ともに歩くことができる。年上の戦力外女子は、年下男子をのびのびと成長させてくれる狙い目のパートナーなのです。

戦力外女子の前には、年下男子のブルーオーシャンが広がっていることをお忘れなく!

【関連書籍】『「戦力外女子」の生きる道』 (ワニプラス)