ビュージックス コーポレーションは、地上業務や機内食のケータリングサービスを提供するSATSにM300スマートグラスを納品した。

チャンギ国際空港でランプ業務の効率化を目的としてM300スマートグラスの利用を開始し、2018年中頃までに600人が導入する予定。手荷物や貨物コンテナのマーカーをスマートグラスでスキャンし、リアルタイムで搭載方法を確認できるほか、ランプコントロールセンターも業務の動向をリアルタイムに確認できる。これにより、ワイドボディ機の手荷物や貨物の処理プロセスの効率が高まり、1フライトあたり15分程度、積載時間を短縮することを見込んでいる。

SATSは、シンガポールのほか、アジアや中東の14カ国47カ国でグランドハンドリング業務を手掛けている。