乃木坂46『逃げ水』がミリオン認定 星野源、桑田佳祐らはプラチナ

写真拡大

 日本レコード協会が、2017年8月度ゴールドディスク認定作品を発表した。

 今回ミリオン認定を受けたのは、乃木坂46が2017年8月9日にリリースした18thシングル『逃げ水』。昨年9月に加入した3期生メンバーの大園桃子と与田祐希がWセンターに抜擢されたことでも話題となった。2017年に乃木坂46の作品がミリオン認定を受けるのは、前作シングル『インフルエンサー』に続いて2作目となる。

 また、プラチナ認定作品として、HKT48『キスは待つしかないのでしょうか?』、星野源『Family Song』のシングル2作、桑田佳祐『がらくた』、ブルーノ・マーズ『アンオーソドックス・ジュークボックス』のアルバム2作の計4作品が認定を受けた。

 なお、認定基準については以下の通り。


<認定基準>
認定:最低累計正味出荷枚数
ゴールド:100,000
プラチナ:250,000
ダブル・プラチナ:500,000
トリプル・プラチナ:750,000
ミリオン:1,000,000
2ミリオン:2,000,000
3ミリオン:3,000,000

<2017年8月度ゴールドディスク認定作品>
・ミリオン認定作品
乃木坂46『逃げ水』(シングル)
・プラチナ認定作品
HKT48『キスは待つしかないのでしょうか?』(シングル)
星野源『Family Song』(シングル)
桑田佳祐『がらくた』(アルバム)
ブルーノ・マーズ『アンオーソドックス・ジュークボックス』(アルバム)

その他、5作品(シングル2作品、 アルバム3作品)がゴールド認定