A-Sketchが、新プロジェクトをスタート

写真拡大

 A-Sketchが新たにHIP-HOP/RAPに特化した新しいプロジェクト”OverFlow”をスタートさせた。

 OverFlowとは、A-SketchとWEBメディアKAI-YOUとのコラボーレションから生まれた、新世代のラップアーティストを開拓するプロジェクト。OverFlowは溢れ出すという意味であり、 “小さくまとまらない、ほとばしる才能を求める” といった希望が込められている。これまでのヒップホップ、ラップシーンにとらわれない自由な発想、新しい才能を発見するというプロジェクトだ。

 本プロジェクトでは、10歳から22歳までの実際に活動しているラッパーから、始めたてのラッパーの卵やこれからラップを始めたい人を対象とし、3rd ステージまで用意されている。1stステージは音源(オリジナル、カヴァーなど)やPR動画(MVや意気込み動画)での審査。2ndステージはCAMPFIREのプラットフォームを活用した審査で、 アーティスト本人のプロデュース能力や、周りを巻き込むカリスマ性など、アーティスト自身の新たな魅力に気づいてもらえる場をCAMPFIRE MUSICサポートのもと用意している。ファイナルステージは2018年1月に予定されている東京のライブハウスでのパフォーマンスによる審査となっており、優勝者には賞金100万とデビューに向けてのサポート体制が敷かれる。

 また、オリジナルトラックがない人のために、応募用トラックとしてKREVAやライムスターのトラック/プロデュースを手がけるロマンクルー・ALI-KICKが作成したトラックが提供されるとのこと。なお、プロジェクトメンバーには、ラッパー/アーティストのACEを始め、新鋭ヒップホップレーベルOMAKE CLUB主宰でTOKYO HEALTH CLUBメンバーのTSUBAME、数々の賞を受賞したミュージックビデオを手がけるA4A代表の東市氏、CAMPFIRE代表の家入氏が参加している。