ファーギー、ブラック・アイド・ピーズと距離を置いた理由を明かす

写真拡大

間もなく、2枚目のソロ・アルバム『Double Dutchess』を発表するファーギーがブラック・アイド・ピーズの活動から離れた理由を明かした。彼女は、自分自身の想いやストーリーをブラック・アイド・ピーズを通じて伝えるのは、フェアじゃないと感じたそうだ。

◆ファーギー画像

ファーギーは、SiriusXMのインタビューでこう話した。「私にはいろんなことがあって、どこかで自分の人生の経験を振り返る必要があった。でも、それをピーズのアルバムでやるのはフェアじゃないって思うの。“私の日記を公開させて、私のことだらけよ”なんてことはね。自分勝手かもしれないけど、自分の中にあるもの全てを(自分のアルバムで)出し切りたかったのよ」

ウィル・アイ・アムもすでに言及していたが、だからと言って、彼女がブラック・アイド・ピーズを脱退したわけではなく、ファーギーは「私はいつだって小さな妹で、グループの一員よ。私はそれが気に入ってる。これまでピーズと4枚の素晴らしいアルバムを作ってきたけど、この先もっとあることを願ってる」と話した。

2006年の『The Dutchess』以来となるファーギーのソロ・アルバム『Double Dutchess』は9月22日にリリースされる。

Ako Suzuki