RADWIMPS野田洋次郎、ドラマ『ハロー張りネズミ』最終話に登場

写真拡大

RADWIMPSの野田洋次郎が、TBS金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』の最終話(9月15日放送)に出演することが決定した。

SOIL&“PIMP”SESSIONSのフィーチャリング・ヴォーカリストとして、本作の主題歌「ユメマカセ」を歌唱している野田洋次郎。最終話では、徳川埋蔵金探しから帰ってきたメンバーたちのもとに現れる謎の依頼人役としてドラマに登場する。

ドラマ『ハロー張りネズミ』は、弘兼憲史の同名マンガを瑛太、深田恭子、森田剛、蒼井優、リリー・フランキー、山口智子ら豪華キャスト陣を迎えてドラマ化した作品。大根仁が脚本・演出を務め、劇伴音楽はSOIL&“PIMP”SESSIONSが担当している。

  ◆  ◆  ◆

■野田洋次郎(RADWIMPS) コメント
今回、「ユメマカセ」で主題歌を歌わせていただきましたドラマ『ハロー張りネズミ』の最終回に出演させていただきます。3ヶ月を共に駆け抜けた結束ある張りネズミチームの最終話という大事な場面、果たして自分なんかがお邪魔していいのだろうかと最初はだいぶためらいがありましたが、どうせなら最後の最後のシーンを盛大にお祝いできればと参加させていただきました。お陰でとても楽しいフィナーレを過ごさせてもらいました。大根監督、張りネズミチームの皆さんありがとうございました!そしてお疲れ様でした!!

  ◆  ◆  ◆