こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。

愛する彼にずっと愛されたいと願うのは当然なこと。しかし、「もっともっとラブラブに!」といつの間にか欲張りになり、しらずしらず逆効果な言動をしてしまっている女性は少なくありません。

そこで今回は、繰り返してしまうと“別れに繋がるNG言動3つ”をお送りします。

■1、問題に向き合わせる

「お互いに真摯に向き合って、思っていることを打ち明けて問題を解決していくことで、もっと仲良くなれる」そう望む女性は多いもの。しかしこれは男性にとってストレスになります。

問題の話し合いや向き合うことを強要されると、重い、面倒くさい、鬱陶しいと感じてしまいます。彼が問題について話し合いをしたいと望んだとき以外、向き合うことを押し付けるのはNGです。

■2、ダメだしする

ダメだしや文句を何気なく口にしている女性は少なくありません。「悪いところは直してもらいたい。そうすればもっとラブラブでいられるから」と良かれと思って言っているかもしれませんが逆効果です。

「肘をついてゴハン食べないで」「お店予約してくれていれば待たずに済んだのに」「連絡はちゃんと返してほしい」など、自分の要望をすぐに言葉にしてしまうクセのある方は要注意です。

彼はジワジワと“居心地悪い”と感じ、愛情が減ってしまいます。

■3、脅す

「もう別れる」と、別れを交渉手段に使ったり、「友だちにバラす」「あなたの趣味の◯◯を捨てる」などの脅しをかけるのはNGです。

彼の気持ちを試したい、愛情を感じて安心したい一心だとしても、こういった脅しは繰り返すほど彼の気持ちを冷めさせます。遠くないうちに、彼から「もういい、別れよう」という言葉が出る可能性が高いです。

■おわりに

いかがでしたか?

そんな大袈裟な、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、イヤな言動やケンカがひとつ増えるたびに彼の恋人への愛情は確実に減っていき、別れに近づきます。

NG言動をしないように日々気をつけてみてくださいね。(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)