医師との不倫で賑やかな斉藤由貴は昨夜(2017年9月7日)、ニッポン放送「オールナイトニッポンMUSIC10」に出演し、騒動の顛末を語った。「メシがまずい毎日を送っている斉藤由貴です」と挨拶し、「このスタジオに来る前に、銀座でご飯を食べたのですが、おいしいはずなのに味わえない部分があったんですね。ひと言で言うなら、メシがまずい日々を過ごしております」と話した。

司会の小倉智昭小倉は「トーク上手いなあ」と感心しきりだった。

川崎麻世はとんだ「もらい事故」24年前のキス写真蒸し返し

この騒動のとばっちりを受けたのが、その斉藤由貴と24年前に週刊誌にキス写真が掲載された俳優の川崎麻世だ。きのう行われた出演舞台の発表会見でも、記者に斉藤とのキス写真のことを問われ、「"もらい事故"って言われるんですよね。写真撮っておけばよかった」と笑わせた。「すばらしい女優さんですから、頑張ってほしい」とスキャンダル慣れした余裕を見せた。

小倉「もらい事故とは、これまたうまいことをいいましたね」