オーストラリア戦のタイ戦先発メンバー。ケーヒルら攻撃的な選手が多く名を連ねた【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

「最終戦で勝てば…」。オーストラリアに見え隠れした油断

 オーストラリア代表は先月31日の日本戦に敗れ、自動的にW杯出場が決まるグループ2位以内を確保できるかは他のチームの結果しだいとなった。勝利が義務づけられたホームでのタイ戦でも苦しみ、なんとか勝ち点3を手にしたものの、日本代表がサウジアラビア代表に敗れたことでプレーオフに望みを託すしかなくなってしまった。なぜここまで苦しむことになったのか。「革命」を進めるアンジ・ポスタコグルー監督の周囲にも不穏な雰囲気が漂っている。(取材・文:植松久隆)

--

 先月31日、日豪戦の大一番でなす術なく敗れた時点で、豪州のW杯出場決定は彼ら自身の手を離れた。最終戦に勝っても、出場権獲得は他の試合の結果によるという、いわゆる「他力本願」の状況に追い込まれた。

 日豪戦の蹉跌から間を置かずに開催されるホームでのタイ戦(5日)に勝つのが絶対条件。そうして、時差の関係で同日の未明に行われる日本対サウジアラビアでの日本の勝利を待つ。そのタイ戦では、最終節終了時にサウジアラビアと勝ち点で並ぶ可能性が高いだけに、1点でも多くゴールを奪っておきたいという状況で試合に臨んだ。

 元々、豪州サイドには日豪戦の前から「最終戦がホームでタイ戦」という日程がゆえに、「仮に日本に負けても後がある」という意識が見え隠れしていた。どこかで「最下位のタイには勝てる。だから日本戦に勝つか引き分ければ、ぐっとW杯は近づく」という考えがあり、さらには「仮に日本に負けたとしても、タイ戦に勝てば何とか滑り込める」という希望的観測があったことは否めない。日本戦での完敗後には、そこにさらに「日本は次のサウジアラビア戦にも気を抜かず勝ってくれるに違いない」という根拠なき希望が加わったのだから、今思えば、少々虫が良すぎた。

 いずれにしても、ホームのメルボルンで行われた負けられないタイ戦に集まった観衆は、2万6393人。球技専用スタジアムだけにとても良い雰囲気ではあったが、3万人収容のスタジアムは9割の入りで満員札止めとならなかったのは、今の代表人気をはっきりと示すようで、一抹の寂しさを感じた。

必勝のタイ戦。シュート45本、パス成功率88%でも…

 タイ戦のサッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)の先発メンバーは、とにかく「点を取りにいく」という明確なコンセプトが表れた人選だった。先の日豪戦では当日の体調不良でまさかの欠場となったアーロン・ムーイ(ハッダーズフィールド)が満を持して登場。ボランチの一角をマーク・ミリガン(メルボルン・ビクトリー)と共に担った。

 ミリガンが中盤に復帰したことで、3バックはトレント・セインスベリー(江蘇蘇寧)を真ん中に、左右にミロシュ・デゲネク(横浜FM)、ベイリー・ライト(ブリストル・シティ)を据える。長身DFでサイズに劣るタイの攻撃陣を制圧しにかかった。

 攻撃陣に目を移すと、1点でも多く欲しいということで、よりアグレッシブな顔ぶれが並んだのは当然のこと。サイドハーフは右にマシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン)、左にはアレックス・ガースバック(ローゼンボリ)と、多少背後のスペースを犠牲にしてでも、前への推進力を重視した起用。

 2シャドーにはトム・ロギッチ(セルティック)とティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)、1トップにはこちらも日豪戦で先発できなかったトミ・ユリッチ(ルツェルン)が並び、とにかく「ゴールに近づく」というコンセプトがこれでもかと体現される布陣だった。

 しかし、一言で表現すれば「もどかしい」試合だった。90分間を通じてのポセッション率では、豪州が75.7%と圧倒。さらに豪州は695本とタイの3倍の数のパスを、実に88.2%という高い成功率で繋いだ。完全にゲームを支配していたのはデータの上でも明らかだ。

 この試合で豪州は、タイの8本の5倍以上となる45本のシュートを放った。ゲームを観ずに、これらのスタッツだけを見せられれば、ほとんどの人が豪州のワンサイドゲームと圧勝をイメージするだろう。ところが実際の試合はスコア上は2-1。結果的にホームで勝ち点3を積み上げることはできたが、とても快勝と呼べない出来に終わった。

苛立つ指揮官。甘くなかったアジア予選

 試合開始早々の2分に右サイドを駆け上がったレッキーのクロスに合わせたセンターFWのユリッチがゴール右に外したシュートを皮切りに、とにかくシュートを放ち続けるが決まらない。やたらと豪州の選手が天を仰ぐシーンばかりが目につくうちに前半の45分間が終わってしまった。

 後半に入っても、なかなかゴールを割れずに苛立ちばかりが募る。ようやくチーム24本目のシュートがゴールを割ったのは、後半69分。試合も残すところ20分を切ろうかというタイミングだった。ムーイのクロスを頭でねじ込んだのはFWのユリッチ。ともに日豪戦で期待を裏切った両名が最低限の責任を果たすことで、サッカルーズが先制して試合が動いた。

 そこから畳みかけたいサッカルーズだったが、そう簡単に事は進まない。後半82分にはタイのMFアナンが同点ゴールで試合を振り出しに戻した。負けられないサッカルーズは、さらに前がかりに攻め立てる。

 ようやく、試合終了わずか4分前の後半86分になって、この日一番の運動量を見せていたレッキーが勝ち越し点をゲット。そのまま辛くも2-1で逃げ切ったサッカルーズの運命は、遠くサウジアラビアのジッダで開催されるアウェイゲームに挑む日本の試合結果に委ねられた。

 試合後のアンジ・ポスタコグルー監督は明らかに苛立っていた。会見での「自力で勝ちあがれなかった今回の最終予選を振り返って」との質問に語気を荒げて「素晴らしいものだよ。最終予選はとてもタフなもの、特に多くの選手がそうなように、それが初めての経験であればなおさらだ。10試合して1回しか負けていない。私は、勝つために選手をピッチに送り込んできた。それだけだ、私が言いたいことは」と答えてから、席を立った。

待ち受ける過酷なプレーオフ。進歩なければ最悪の展開も

 ご存知のように、その日の深夜にサウジアラビアが日本を1-0で破り自力での通過を決めた。その結果、豪州はA組3位のシリアとのプレーオフ(10月5日・10日)に回ることが決まった。ホーム&アウェイでのプレーオフに勝ち上がると、その次には北中米・カリブ海地域で4位になったチームとの大陸間プレーオフ(11月6日・14日)が待つ。

 勝ち点をもう1ポイントでも積めていれば、過酷なプレーオフ4試合を戦わなくてよかったことを思うと、今さらながら、実に4試合を数えた引き分けのひとつでも勝っていればなどと思ってしまうが、そればかりはもうどうにもならない。

 日豪戦での無策。タイ戦での消化不良。負けは少なくとも引き分け4回と勝ちきれない試合が目立った戦いぶり。そういった様々な要素が相まって、ポスタコグルー監督の求心力は下降線を描く。このところは、表立っての解任要求なども囁かれるようになってきた。

 しかし、監督はそんな外野の声は気にせず、シリアとのプレーオフまでの1ヶ月間、じっくりと最終予選の戦いぶりを振り返り、相手国のスカウティングなどを含めて出来得る限りの準備で万全を尽くしてもらいたい。4年に及んだ「ポスタコグルー革命」は、やはりハッピーエンドの大団円であって欲しい。そのためには、あと4試合のプレーオフのいずれの試合もが、ポスタコグルー体制の集大成をぶつけるような意味のある試合でなければならない。

 10月のシリアとのプレーオフで何も進歩が見られなければ、劇薬を処方しなければいけない状況もあり得る。しかし、今こそアジアカップ大会中に掲げられた「In Ange, We trust」の横断幕を再び高々と掲げる時だ。ポスタコグルー監督を信じ、強い豪州が再びアジアのサッカー群像の中で存在感を発揮できるようになることを望んでいる。

(取材・文:植松久隆)

text by 植松久隆