元ボクシング世界王者の亀田大毅が、8日放送のフジテレビ系『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(後7:00)に初出場。そのルックスと独特な声色を生かし「X JAPAN」のボーカル・ToshIのものまねを披露する。このほかお笑い芸人・ゆりやんレトリィバァが映画『フラッシュダンス』のワンシーンを豊満な体格を全面に打ち出し再現し、俳優・加藤諒は三浦大知のダンスナンバー「EXCITE」に挑戦するなど、初出演者が三者三様に迫力あるパフォーマンスで会場を沸かせた。

 ToshIを完全再現した派手なメイクと衣装で登場した亀田は、出番を終えると「すごい気持ちよかった。本番に強いんですよ! 僕は歌手ではないので、あれだけできれば上出来ですね!悔いはないですね」と大満足。「ミッチリ練習しました。腹筋とかも鍛えましたから。今回、初登場させていただけるなら、是非X JAPANをやらせていただきたいと決めていたんですよ」と並々ならぬ意気込みで臨んだそう。

 大好きだというX JAPANのものまねに「見た目も伴ってよかったんじゃないですか!?」と自信をのぞかせると「メイク込みで80点くらいあげてもいいんじゃないですかね!? 自分の本番を早く見たいです。メイクから歌声すべてを楽しみにしていてください!」と呼びかけていた。

 また、その体型を生かしたダンスで審査員からも拍手喝采を浴びたゆりやんは「緊張しすぎて、本番のこと覚えてないです。ずっと子供のころから見ていた番組ですので、とてもうれしいです。満足度は100点です!」とこちらも達成感に満ちた表情。沖縄で三浦に間違えられたこともあるという加藤は「それもあって、ぜひやらせていただきたいなと思って挑戦させていただきました。照明も衣装もカッコよくしていただいて、本当に気持ちよかったです! 僕と踊ってくれたダンサーの方々のパワフルなダンスにも注目してください」とアピールしている。

ORICON NEWS

ORICON NEWSは芸能・音楽・映画・スポーツ・社会など多種多様なジャンルのニュースや動画・ランキングなど、トレンド情報を提供する総合ニュースサイトです。 ⇒http://www.oricon.co.jp/