有吉弘行は自身のこだわりについては語らず、妻を“鬼嫁”に仕立てた大竹に対し「大竹さんが悪いよ、全部(笑)」とバッサリ

写真拡大

9月7日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に大竹一樹(さまぁ〜ず)がゲスト出演。“鬼嫁”こと中村仁美目線による恐妻エピソードの釈明が紹介され、大竹の細か過ぎるこだわりが暴露された。

【写真を見る】「櫻井・有吉THE夜会」でイケメンの弟をうれしそうに紹介していた土屋太鳳

これまで数々の恐妻エピソードを披露してきた大竹だが、雑誌「FRaU」(講談社刊)で連載中のコラム「中村仁美のノンストップな日々」から、大竹の私生活におけるさまざまなこだわりが明らかに。例えば、洗濯物は素材・色・用途などによって仕分けた上で、それぞれ、洗い・すずぎ・脱水などの分数にいたるまできっちり設定。朝食においても同様で、大竹はその日に食べたいものが明確に浮かぶタイプだが朝にならないと分からないため、作り起きや前日の残り物のおかずは基本的にNG…といった具合。つまり、大竹は朝食も洗濯も自分でやっていると語っていたが、実際には、大竹の細かすぎるこだわりに中村が対処しきれず、互いのストレス軽減のために“自分のことは自分でやる”というスタイルに行き着いたのだという。

自身のこだわりについては語らず、妻を“鬼嫁”に仕立てた大竹に対し、有吉は「大竹さんが悪いよ、全部(笑)」とバッサリ。大竹も「ホントに俺が悪い」と神妙な面持ちだったが、「どうもすみませんでした!」と変顔で無理矢理オチをつけようとしたため、有吉が「家で怒られればいいんですよ(笑)」とトドメを刺してスタジオを沸かせた。

番組放送後には、相方の三村マサカズが公式Twitter(@hentaimimura)で「夜会。最高でした。中村仁美のノンストップな日々。ですか?まず、文章力が凄い。そして、大竹の性格を見事に表してる。そして、何より素晴らしいのは、俺は無視してればいいけど、奥さんは、生活していかなければ、ならない。あ!いいやつだけど。」とフォロー。フォロワーから、「ひとみさんいいぞ〜!!」と中村を応援するコメントや「最後のひと言に三村さんの相方愛を感じます」とさまぁ〜ずの仲の良さを再認識したコメントなどが多数寄せられた。

次回は9月14日夜9:57より放送予定。ゲストは松岡昌宏、吉高由里子が登場する。