市販薬を服用する際に注意することは?

写真拡大

 薬局で買える「市販薬」は、病院へ行かずとも症状を抑えられるなど便利に利用している人も多いだろう。だが、その使い方を間違えると、下痢止めで下痢が悪化したり、便秘薬で便が出にくくなるなど、かえって症状を悪化させる結果を招くことがある。市販薬の逆効果を避けるためには、何に注意すべきか。『その「1錠」が脳をダメにする』の著者で薬剤師の宇多川久美子氏が語る。

「ドラッグストアや薬局で薬を購入する際、自分で選ぶのが不安な場合には薬剤師に相談するのがよいでしょう。その際、ただ漠然と『目が痛い』『胃が痛い』と伝えるのではなく、その具体的症状を伝える必要があります」

「症状の重さ」を伝える必要があるのだ。市販薬には効果の強さや副作用リスクに応じて、「第1類」から「第3類」の種類がある。

「湿布ひとつをとっても、分類の違いによって含まれる成分が異なります。例えば『患部に触るだけなら痛くないが、押すと痛む』といったレベルなら、最も効果の低い『第3類』の湿布でも十分対応できる。このレベルの湿布には、インドメタシンなど非ステロイド性抗炎症薬『NSAIDs』が含まれていないので、筋肉を傷つける心配はなくなります。具体的に症状を伝えれば、薬剤師は適切な市販薬を提示するでしょう」(同前)

 症状とともに大切なのが、持病を伝えることだ。

「『高血圧患者に頭痛が生じた』というケースでは、鎮痛剤で頭痛を抑えてしまうと、高血圧性脳症など命にかかわる病気を引き起こす可能性がある。持病をきちんと伝えることで、薬剤師は『市販薬で対処できるものかどうか』を判断し、場合によっては医療機関の受診を勧めてくれる」(同前)

 これらの使用上の注意は薬の箱や添付文書に明記されている。しかし、薬を買うたびにその細部まで読んでいる人は少ないかもしれない。医療ジャーナリストの村上和巳氏はこう語る。

「製薬会社が最も怖れていることのひとつが『自社の商品で健康を損なう人が出てしまうこと』です。そのため、正しい飲み方でないと逆効果になってしまう事実は、製薬会社側としても啓蒙したいと考えている」

 前提として、処方薬は“病気を治療する目的”であるのに対し、市販薬は“症状を一時的に緩和させる”ものという違いがある。だからこそ市販薬については処方薬との違いを理解し、正しい服用を心がけたい。

※週刊ポスト2017年9月15日号