画像提供:マイナビニュース

写真拡大

誰しも苦手な食べ物の一つや二つはあるのもの。臭いがダメだったり、食感が嫌いだったり、見た目が生理的に受けつけなかったりと、その理由は人それぞれだ。たとえ、その苦手な食べ物が「体によい」と言われていても、「食べられない物は食べられない」というのが多くの人の本音だろう。

それでは、食に対する嗜好や食文化が異なる外国人と私たち日本人が苦手とする食べ物は一緒なのだろうか。それとも、多くの日本人が好む食べ物が意外と海外育ちの人たちには嫌われているのだろうか。今回は日本在住の外国人20人に「体によいとわかっていても食べないもの」について聞いてみたので紹介しよう。

Q. 日本の食べ物で「体によい」とわかっているが、あまり食べないものは何ですか?

○I dislike 納豆……

・「納豆は無理ですね。においがきつくて、ネバネバが気持ち悪い……」(アメリカ/30代前半/女性)

・「納豆はにおいが苦手で食べられないです」(パラグアイ/50代/女性)

・「納豆です。ネバネバするし、臭いからです」(ペルー/40代前半/女性)・「納豆。キムチとチーズとアボカドと混ぜるとおいしいですが、すべての材料がないと食べない」(オーストラリア/30代後半/女性)

・「納豆。ネバネバと臭いとの問題……」(シリア/30代後半/男性)

・「納豆。ネバネバした感じが好きではありません」(タイ/40代前半/男性)

・「納豆。においが臭い」(インド/30代前半/男性)

・「納豆です。やはりにおいが強くて我慢できません」(香港/20代後半/男性)

・「納豆。体にいいけど、くさいから食べたくない」(ロシア/20代前半/男性)

・「納豆。大嫌い。臭いとネバネバな感じ」(ポーランド/30代前半/男性)