べンゲルはデンベレの契約を批判した

写真拡大

アーセナルの指揮官、アーセン・べンゲルは移籍市場で許されるべきではないものの例として、FCバルセロナのデンベレ獲得を挙げて移籍市場の現状を非難した。

アーセン・ベンゲルはデンベレの移籍金がわずか1年で信じられない増額を見せた事を思い出させた。

「移籍の金額は完全に現実からかけ離れている。一例を挙げる事ができる。フットボールのコーチがどれほどうまく働いたとしても、選手の価値を1,500万ユーロ(約19億5,000万円)から1億5,000万ユーロ(約190億円)に変える事ができないのは明らかだ。(昨年、1,500万ユーロだったデンベレの移籍金が今年、1億5,000万ユーロに跳ね上がった事を指す。)」ベンゲルは“beIN Sports”のインタビューでそのように語った。