文大統領は国連総会に合わせ18日から訪米する(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18〜22日の日程で米ニューヨークを訪問する。文大統領の訪米は6月以来、2回目となる。

 国連総会で基調演説し、北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射や核実験を踏まえ、対北朝鮮制裁の必要性を訴える見通しだ。

 主要国の首脳との会談も行う予定で、具体的な日程を調整している。

 また、来年2月に開幕する平昌冬季五輪・パラリンピックのPR活動も展開する方針だ。文大統領は先月末に文化体育観光部から業務報告を受け、「国連総会に出席することにしたのは平昌五輪を世界にPRするための目的が大きい」と述べていた。