画像:YouTube

これまでにも「iPhone 8の製造が遅れている」という噂はありましたが、9月13日(水)の発表イベントを前に、同様の噂が『The Wall Street Journal』によって報じられています。

有機ELの生産が原因か

iPhone 8は有機EL画面をiPhoneで初めて搭載する、と噂されています。

その生産を担うのはサムスン社ですが、同社が自社製品向けに生産していた方法とは異なる方法で生産することをAppleが決定。指定された方法では生産に手間がかかり、ミスが発生する可能性が高いそうです。

この有機EL画面の生産に問題があり、iPhone 8の製造が当初の予定より1ヶ月遅れている、と報じられています。

発売から数ヶ月は在庫不足が続く?

Appleの噂を扱う大手サイト『Mac Rumors』は、これまでの予測も含めて考慮した場合、iPhone 8の出荷数はかなり少ない事態が想定され、数週間から数ヶ月待ちになる可能性がある、と指摘しています。

同じく大手サイト『9to5Mac』も、初期の在庫数は非常に少ないのではないか、と推測しています。

参考

WSJ: iPhone 8 production month behind, Foxconn paying bonuses to increase staff | 9to5MaciPhone 8 Manufacturing Issues May Lead to Extended Supply Shortages and Shipping Delays - Mac RumorsiPhone’s Summer Production Glitches Create Holiday Jitters - WSJ