その日、駅へと急いでいた女性。路上で『あるもの』を見つけ、心臓を「きゅっ」とつかまれたかのような心の痛みを覚えました。

そこにあったのは、猫のなきがらでした。

おそらく車にひかれてしまったのでしょう。なきがらの状態を見て、息絶えてから、かなりの時間が経っているのが分かりました。

駅へ向かう道は、多くの人が行き交う場所です。猫の姿に気付く人がいないとは思えません。

長い時間、猫はその場で見て見ぬフリをされ続けていたのです。

同じ日、たまたま優しい人が

女性は、その地域の清掃局に電話。すぐに担当者が引き取りに来ることになりました。

そもそも女性は、急いで駅へ向かっていたところです。猫のなきがらに手を合わせると、その場を立ち去りました。

しばらく経って、清掃局から女性に電話が入りました。猫のなきがらは、段ボール箱に入れられ、布をかけられていたのだそうです。

ちょうど女性と同じ日、猫の存在に気付いて「せめて、人目に触れないように」と箱に入れてくれた人がいたのです。

女性はその人物に、心の中でお礼をいったそうです。

野良猫はいつも、命の危険にさらされている

街中でのんびり昼寝をしている野良猫がいる風景は、優しく平和に見えます。

ですが、外で生きる猫たちは、過酷な毎日を送っているのです。

年々、都市部は空き地が減っていき、猫たちが安心して休める場所がなくなっています。また、道路は舗装されて、自動車の通行量が増えました。

自動車を日常的に運転している人であれば、「車の前に猫が飛び出してきても、避けてはいけない」という認識があるのではないでしょうか。猫を避けようとして、人命に関わる大事故につながる可能性があるからです。

鳥や虫を追いかけたり、何かの物音にびっくりしたり。ふいに、道路に飛び出してしまうことは野良猫にとって多々あるシーンです。

そこに、自動車が走って来たとしたら…小さな身体は、ひとたまりもありません。

2014年に発表された『大分市猫の適正飼養・管理ガイドライン』によると、交通事故などによる猫の死体の回収頭数は、2631頭(2013年度)。殺処分数が725頭です。過去の記録を見ても、交通事故死は殺処分数より多いことが分かります。

「猫の殺処分をなくして」との声はよく聞かれますが、実は、交通事故死も無視できないのが現状です。

自治体とボランティアが協力して、多くの地域で野良猫を減らす取り組みがされています。

しかし、野良猫をゼロにするのは、すぐに実現できることではありません。

せめて、旅立ってしまった命を見つけたら、優しい心で弔ってあげてください。

猫のなきがらを見つけたら?

とはいえ、路上で傷ついた猫を発見しても、どうしたらよいか分からないという人が多いでしょう。

もしすでに息絶えているようであれば、その地域の清掃局が担当。まだ息がある、もしくは生死が分からない場合は、動物愛護センターが担当であるケースが多いようです。

地域によって担当部署の呼び名が異なりますが、問い合わせれば教えてもらえます。また、動物のなきがらがある場所により、管轄が違う場合もあります。

地域のウェブサイトに記載があるので、もし路上で不幸な猫に遭遇した際には、その場で検索して対処できるはずです。

猫たちのために私たちができる、小さな、そして大切な1つのことです。

例)東京都杉並区

飼主が不明の場合は、下記のとおりお願いいたします。

私有地に死体があるときは、管轄の清掃事務所にご連絡ください。無料で回収をします。都道上・区道上に死体があるときは、管轄の清掃事務所にご連絡ください。 国道に死体があるときは、東京国道事務所代々木出張所にご連絡ください。
電話:03-3374-9451河川に死体があるときは、杉並土木事務所にご連絡ください。
杉並区 ーより引用例) 横浜市

お住まいの区の資源循環局事務所に連絡してください。収集に伺います。(受付時間:月〜土 8:00〜16:45)

路上や空き地で死体を見つけた時(無料)ペットの合同火葬を希望の方(費用6,500円がかかります。お骨は返せません。)
横浜市 ーより引用

※記事中の写真は全てイメージ

[文・構成/grape編集部]