8月29日、北海道上空を横切って飛行した北朝鮮の中距離弾道ミサイル「火星12号」の打ち上げの模様(写真=朝鮮通信=時事)

写真拡大

北朝鮮のミサイル発射をめぐり、さまざまな情報が飛び交っている。無責任な分析を退けるためには、まず前提条件を正確に把握することが必要だ。防衛ジャーナリストの芦川淳氏は「その攻撃力を、決して甘く見てはならない」という。日本の防衛力を踏まえながら、北朝鮮のミサイルの「本当の実力」を分析してみよう――。

■「体制維持」を目標にした周到な開発計画

北朝鮮の核戦力開発が加速している。8月29日は我が国の上空を飛び越えて中距離弾道ミサイルの発射実験を行い、続く9月2日には、弾道ミサイル用に小型化を目指す核兵器の実験を行った。

こうした北朝鮮の行動についてまず確認しておきたいのは、ことの本質が「北朝鮮の国家体制維持」、すなわち「金日成、金正日、金正恩と続く金一家による独裁体制の維持」という問題に尽きるということだ。北朝鮮のとる国家戦略はすべてがこの一点に集中し、軍事的な手段やそれにぶら下がる戦術も最終的にはそこに帰結する。弾道ミサイルや核兵器の開発、他国に対するサイバー攻撃、麻薬ビジネス、兵器輸出など、すべてがそこにつながっていることを、いま一度、しっかりと認識しておきたい。

その認識を背景に、現在、北朝鮮が開発を推し進める各種ミサイルの種別とその位置づけについて考えてみたい。

■主力は短距離〜準中距離のミサイル

北朝鮮が開発・保有するミサイル戦力の主力は、旧ソ連の短距離弾道ミサイルR-17(西側での呼称は「スカッド」)をベースにした、「火星」(ファソン)シリーズの一桁番台だ。原型となったスカッドの射程はおおむね500km程度、ペイロード(運搬可能な弾頭の重量)は500kg〜1tである。液体燃料を用いながらもメンテナンスが容易で、荒い運用にも耐え、安価であることが大きな特徴だ。北朝鮮は70年代中盤にこれを入手すると、リバースエンジニアリング(編集部注:既存の製品を分解・解析し、その動作原理や製造技術を取得すること)によって国産化し、中東諸国への輸出を通じて外貨獲得の手段とした。

北朝鮮では、ベースモデルのスカッドBを「火星3号」、そのマイナーチェンジ版で射程を600km程度まで伸ばしたスカッドCを「火星5号」、さらに射程を1500〜2000kmまで伸ばしたものを「火星7号」と呼ぶ(「ノドン」の名でも知られる)。また、火星5号や火星7号と発射機を共用しつつ、約1000kmの射程と高い精密誘導能力を実現したスカッドERも開発・保有している。

これら短距離〜準中距離ミサイルの一群を、北朝鮮が実際にどのくらい実戦配備しているかは不明だが、一説には1000発を超えるとも言われ、その数は年々増加していると推測される。地下に隠蔽した工場で生産ラインが組まれ、月産で10発程度の生産数を維持しているという説も、そう荒唐無稽とはいえない。

短距離〜準中距離の弾道ミサイル群は、北朝鮮による先制攻撃が行われる場合、第一波の攻撃の主軸になるはずだ。釜山、浦項、鎮海といった韓国南部の軍事的要衝に対し、通常弾頭による飽和攻撃(編集部注:相手の迎撃能力を超える数のミサイルを発射すること)が行われる可能性が高い。数十発から数百発もの弾道ミサイルによる攻撃によって、韓国軍は退路を断たれると同時に、日本への連絡線も遮断されるだろう。

また日本においても、在日アメリカ軍基地や、アメリカ軍への後方支援に関わる自衛隊の諸施設が重大な被害を受ける可能性がある。湾岸戦争のときにように単発でポツポツ撃ち込まれる程度なら、イージス艦搭載のSM-3ミサイルや、航空自衛隊のPAC-3ミサイルによる迎撃対処も十分に可能だが、広い対象地域に向かって一度に多数のミサイルを発射されれば、現在の自衛隊の防空体制ではお手上げとなる。

これを封じるには約50基とされるミサイル発射機を先にたたくしか方法はないが、現状では法的にも装備的にも、自衛隊がそれを実行することは極めて困難だ。したがって、わが国に対する北朝鮮の短距離〜準中距離弾道ミサイルの脅威度は、非常に高いと考えられる。

■米本土に届く「火星14」の脅威

 一方、このところ話題になることが多いのが、「火星10号(ムスダン)」「火星12号」「火星14号」などの、より射程の長い弾道ミサイルだ。北朝鮮当局がIRBM(中距離弾道ミサイル)やICBM(大陸間弾道ミサイル)であると主張するこれら「火星」10番台のミサイルは、いずれもスカッドより射程の長い旧ソ連製の液体燃料式ミサイルR-27に独自の改良を加えたもので、元がSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)とは思えないほどの高度な進化を遂げている。

エンジンの改良や搭載燃料量の拡大の手法には、イランの協力が見え隠れする。現代の核搭載可能なミサイルでは標準的な、弾頭部だけが分離して大気圏に再突入する構造にも、技術的なめどをつけたようだ。あとはこれに500kg以下、できれば300kgまで小型化した核兵器の搭載が可能になれば、立派に米本土を狙うことができる核ミサイルの完成である。

2017年8月29日に北海道を飛び越える形で発射されたのは、発射角や飛距離からみて火星12号とみられている。2017年7月28日に発射された火星14号(2度目の発射)は、高い発射角で打ち出すロフテッド軌道での実験を行い、47分にわたる飛行で、最大高度3500km以上、水平飛行距離約1000kmを達成した。これを、飛距離を優先した最小エネルギー飛行に置き換えると、射程はおよそ8000〜9000kmに達するとみられる。

■現状の迎撃システムは確実性に不安が

北朝鮮領土内のどの地点から発射してもアメリカ本土の西半分に届くであろう火星14号の登場は、アメリカにとって大きな誤算であったのだろう。その後のトランプ政権の反応は、打って変わってヒステリックになった。

現状では、火星二桁シリーズ(特に火星14号)がアメリカ本土へ向けて発射された場合、洋上に展開中のイージス艦による迎撃は現状では困難で、実質的にはミサイルがアメリカ本土により近づいてから、地上配備型のミサイルによる3段階の迎撃――迎撃高度順にGBI→THAAD(終末高高度防衛ミサイル)→PAC-3で対処することになる。とはいえ、確実性の面でやや不安があり、高高度迎撃能力を強化した新型SM-3(ブロックIIA)がイージス艦に本格的に配備され始める2018年以降まで、アメリカは枕を高くして眠れない状況に置かれている。

一方、火星7号の射程内にほぼ国土全体が収まる日本を、わざわざ火星12号や14号といった長距離ミサイルで攻撃する理由は、戦略的にはあまりない。したがって、北朝鮮が多数保有する短〜準中距離ミサイルに比べれば、わが国にとって直接の脅威となる度合いは高くないといえよう。

ただ、それにも例外はある。そのひとつが、高高度を経由する山なりのロフテッド軌道での投射と、わが国上空を通過するコースを飛翔中の事故である。この2つの脅威については、次回の記事で詳しく述べたい。

----------

芦川 淳(あしかわ・じゅん)
1967年生まれ。拓殖大学卒。雑誌編集者を経て、1995年より自衛隊を専門に追う防衛ジャーナリストとして活動。旧防衛庁のPR誌セキュリタリアンの専属ライターを務めたほか、多くの軍事誌や一般誌に記事を執筆。自衛隊をテーマにしたムック本制作にも携わる。部隊訓練など現場に密着した取材スタイルを好み、北は稚内から南は石垣島まで、これまでに訪れた自衛隊施設は200カ所を突破、海外の訓練にも足を伸ばす。著書に『自衛隊と戦争 変わる日本の防衛組織』(宝島社新書)『陸上自衛隊員になる本』(講談社)など。

----------

(防衛ジャーナリスト 芦川 淳 写真=朝鮮通信=時事)