宇治の平等院鳳凰堂をモデルにした龍宮殿本館(提供:プリンスホテル)

米投資ファンドのサーベラスグループが、8月10日付で西武ホールディングス(HD)株式をすべて売却した。

2006年、有価証券報告書虚偽記載問題で西武鉄道が上場廃止に追い込まれるなど、苦境に陥った西武グループに対し、サーベラスが約1000億円を出資。その後は、サーベラスがTOB(株式公開買い付け)を行い、経営再編を迫るなど、西武グループにとっては緊張の11年だったと思われるが、この間、西武鉄道とともに、西武HD子会社であるプリンスホテルの事業は、“復活”を遂げた印象だ。

例を挙げれば、昨年は、旧赤坂プリンスホテル跡地に「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」をオープンし、今夏は神奈川県の大磯プリンスホテルに大規模なスパ施設をオープンした。

そして、この7月22日、箱根・芦ノ湖畔にオープンしたのが「絶景日帰り温泉 龍宮殿本館」だ。龍宮殿本館は、国有形文化財に登録された旅館建築を“日帰り温泉”としてリニューアルしたことで注目を集めている。

京都・宇治の平等院鳳凰堂をモデルにした龍宮殿本館の建物は、もともと、1938(昭和13)年に、当時の「飛島組(現・飛島建設)」の飛島繁氏により「浜名湖ホテル」として建てられたもので、1957(昭和32)年に芦ノ湖畔に移築後、旅館「龍宮殿」として営業してきた。

しかし、老朽化が進み、耐震工事が必要となったことなどから、2012年より休業。2016年11月から耐震および建物リニューアル工事を進めるとともに、2017年3月に国登録有形文化財に答申、7月に登録された。

どのような“絶景”が楽しめるのか

まずは、館内を案内していただいた。今回の日帰り温泉施設としてのリニューアルにあたっての、いちばん大きな建物改装のポイントは、やはり浴室だ。

改装前は、内風呂が2つあり、男湯、女湯として交代で使っていたが、この2つの風呂を男性用内風呂と露天風呂に衣替えし、女性用浴室(内風呂、露天風呂、女性専用湯休み処)は、芦ノ湖に向かって突き出るように、450平方メートルの新棟を増床、新設した。

取材前は、平面図を見る限り、男性浴室に比べ、女性浴室がかなり広めに確保されているので、昨今、明らかな“女性優遇”が見られる温泉旅館が多いため、「またか」と思ったが、実際に訪れてみると、それほどの差は感じられなかった。


女湯露天風呂から見た、シルエットになった富士山(提供:プリンスホテル)

というのは、確かに新しさやゆったり感、さらに、露天風呂が芦ノ湖に溶け込むような“インフィニティプール”のような構造になっているなど、女性浴室は魅力的なつくりになっているが、一方で、男性浴室の歴史ある旅館建築ならではの風格も、なかなか捨てがたいものがあり、一概にどちらがいいとは言えないのだ。

なお、同館の最大のウリである芦ノ湖、富士山、箱根外輪山の3つを同時に見ることができる“絶景”に関しては、男女どちらの露天風呂からも楽しめる。

このほか、1階には男女共用の湯休み処、個室の湯休み処が4室、スパ、食事処などが設けられている。2階は客室が10室、改装前のまま残されており、現在は使われていない。

ちなみに、今回のリニューアル工事の総工費は5億8000万円だ。

なぜ、日帰り温泉になったのか


男湯内湯からの展望。歴史ある旅館建築の風格が男湯の魅力になっている(提供:プリンスホテル)

ところで、2017年の箱根は、「箱根小涌園 天悠」(藤田観光)、「箱根・芦ノ湖 はなをり」(オリックス不動産)、「ススキの原 一の湯」(一の湯)と、旅館の新規オープンが相次いでいる。

また、箱根町が公開している統計によれば、箱根の宿泊客数は、火山活動が活発化した2015年は366万5231人と落ち込んだものの、2016年は433万8824人と、2014年の460万6751人とほぼ同水準にまで回復している。これは、外国人の宿泊者が、ここ数年、急増していることによる後押しもある。

宿泊部屋数を減らし、日帰り温泉にするのは、箱根の現在のトレンドに反するようにも思えるが、その理由などについて、同館を運営するプリンスホテルの箱根芦ノ湖地区事業戦略リーダー、稲葉健二氏に話をうかがった。

「龍宮殿本館は、2012年より営業を休止していた。これは、築80年近くが経過し、耐震工事や補修が必要になったこともあるが、当館のお客様は年配の方が多いため、旅館として再稼働するには、エレベーターの設置など、バリアフリー対策も必要となるが、すぐの対応が難しい。

そこで、この価値ある建築を、なんとか別の営業形態で有効に活用できないかとの思いがスタッフの間にあり、新しく着任した総支配人が、スタッフの意見を取り入れ、声の多かった日帰り温泉にすることになった。

なお、龍宮殿本館の浴場は、旅館として営業している龍宮殿別館のお客様にもご利用いただけるが、別館には今まで露天風呂がなかったので、別館のバリューアップにもなった」

――国の有形文化財登録の狙いについて教えてほしい。

「プリンスホテル全体として、保有資産の価値を高めようという動きがある。龍宮殿本館と同時期に、伊豆長岡温泉の三養荘本館も、国の有形文化財への答申・登録を行った」

日帰り温泉オープンの箱根観光への影響は?


プリンスホテルの箱根芦ノ湖地区事業戦略リーダー、稲葉健二氏(筆者撮影)

――日帰り温泉をオープンしたことで、箱根エリアにおいて、西武グループとしてどのような経済効果が見込まれるか。

「箱根は入込観光客数のうち、宿泊者はおよそ2割。残り8割の日帰りのお客様をどう取り込むかも、大きな課題だ。しかし、日帰りの場合、どうしても交通アクセスのいい湯本、宮ノ下、強羅が中心になる。コアなお客様はケーブルカー・ロープウェーで桃源台まで来てくださるが、そのまま、遊覧船で元箱根港まで移動されるので、龍宮殿のある箱根園周辺は素通りというパターンが多い。

日帰り温泉施設をつくることで、この場に足を止めてもらい、お客様の回遊の流れを変えたいという狙いが大きい。ここまで来ていただければ、周辺には箱根園水族館やミニ動物園、駒ヶ岳ロープウェー、遊覧船乗り場などもあるほか、ザ・プリンス 箱根芦ノ湖ホテルのレストランもご利用いただける」

――回遊ルートを変えるという意味では、アクセスが不便なのがいちばんのネックではないのか。

「それは指摘のとおりだ。箱根園までは小田原駅から路線バスはあるものの、渋滞等で時間がかかることが多く、本数も多くない。そこで、今年4月から、小田原駅からの路線バスの本数が多い元箱根を起点とし、龍宮殿、箱根園、ザ・プリンス 箱根芦ノ湖を結ぶ無料循環バスの運行を開始した。元箱根エリアには、箱根観光の大きな見所のひとつである箱根関所跡や、箱根神社もあるので、日帰り温泉と組み合わせた新たな観光ルートを認知していただければと思う。循環バスは、今のところ1時間1本の運行だ」

インバウンドへの対応は?

箱根を訪れる外国人観光客は、年々増え、箱根町の統計によれば、外国人宿泊者は、2014年が21万7000人、2015年が37万8000人、2016年が46万2000人と、噴火のあった2015年も減少することなく、急激に増えている。増えるインバウンドへの具体的な対応について、稲葉氏にきいた。

「インバウンド増については、意識している。3年ほど前から、営業担当者が韓国、台湾の大学などを訪問し、インターンシップで学生に日本に来てもらい、その後、継続してこちらで働いてもらえる枠組みを構築した。現在も、箱根で韓国人、台湾人のスタッフが数名働いており、言語の面で助かっている。


食事処は畳の上にテーブル・いすを置くスタイルにした(筆者撮影)

また、ハード面では、龍宮殿の食事処は、畳の上にテーブルといすを置くスタイルをとり、外国人のみならず、ご高齢で足の不自由な方などにも無理なく食事を楽しんでいただけるスタイルにした。

そのほか、今後、外国人向けに浴衣の着付けや、お茶の点て方、はしの使い方教室などをやりたいという声が、ホテルのスタッフから上がっているので、検討していきたい」

ちなみに、ここ数年の龍宮殿別館およびザ・プリンス 箱根芦ノ湖における、全宿泊者のうちの外国人宿泊者の割合は、以下の数値だった。龍宮殿別館が外国人の割合が増える一方、やや高価格帯のザ・プリンス 箱根芦ノ湖のほうでは微減している。国別には、1位中国、2位台湾というのには、ここ数年動きはないという。

【龍宮殿別館の全宿泊者に対する外国人の比率】
2015年:9.2%
2016年:11.7%
2017年:12.5%
(2017年は見込み)
【ザ・プリンス 箱根芦ノ湖の全宿泊者に対する外国人の比率】
2015年:15.6%
2016年:14.1%
2017年:13.8%
(2017年は見込み)

ネックは交通アクセスか?

国登録有形文化財にもなった由緒ある建物が、「日帰り温泉」という気楽なスタイルで利用できるようになったのは、うれしいことであり、箱根観光の折にぜひ訪れたいという人も多いだろう。

しかし、ネックになるのは、やはり交通の便の悪さだ。無料循環バスが走るようになったとはいえ、1時間に1本では、使い勝手が悪い。現状、龍宮殿を含む芦ノ湖周辺の名所を時間を気にせずに周遊するとなると、マイカーと遊覧船という選択肢が現実的なのではないか。